今季チーム最多110得点で快勝!B1リーグ・三河、オフェンス爆発

タグ: , , , 2022/5/5

 5月4日(水・祝)、B1リーグ23節の代替試合が行われ、シーホース三河は茨城ロボッツと対戦した。

1Qからシェーファーが大爆発。着実に得点を重ねた三河が9点リードで前半を終える。後半、一時、茨城に追い上げを許すも、ガードナー、ローレンス Ⅱがともに11得点をあげるなど、攻撃を牽引。今季チーム最多得点となる110得点で見事勝利した。

シェーファーは、キャリアハイとなる31得点。ローレンス Ⅱが25得点、ユトフが19得点17リバウンド、ガードナーが17得点8リバウンド8アシストを記録。





―試合結果―
2022年5月4日(水・祝)
茨城 ● 98 – 110 〇 三河
(三河通算成績 30勝21敗)

1Q 茨城 24–31 三河


シェーファー 3Pシュート3本を含む13得点の大爆発

スターティング5は、#4細谷、#9ローレンス Ⅱ、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。

茨城#21ジェイコブセンに先制点を取られるも、#54ガードナーのポストアップから#32シェーファーが3Pシュートをしっかりと沈め、#54ガードナーのスティールからファストブレイクに転じて#32シェーファーがフィニッシュ。さらに#9ローレンス Ⅱのドライブ、#32シェーファーの3Pシュート、#19西田の1on1と快調に得点を伸ばし、開始4分に#19西田がスティールしてそのままプッシュし14-6と主導権を握る。

茨城は#2福澤の3Pシュートなどで対抗するが、#54ガードナーを起点に#32シェーファー、#19西田が立て続けに中のスペースを突いて、点差を9点に広げる。

茨城に連続で3Pシュートを決められ3点差に追い上げられるが、#54ガードナーのアタック、#32シェーファーの3Pシュートと確率良く決めてリードを渡さない。残り42秒に茨城#21ジェイコブセンの連続得点で再び3点差に迫られるが、#14ユトフのゴール下、#18角野のファストブレイクで7点差に突き放す。

【関連記事】「明日は必見だ!」大谷翔平、100年ぶりの歴史的登板に米注目!“聖地”での二刀流披露に名将も期待「この場所は特別だ」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧