「ずっと葛藤してた」東京五輪金メダリスト・入江聖奈が戦い続けた「理想と現実」とは

タグ: , , , , , 2022/12/25

(C)Getty Images

 東京オリンピック女子フェザー級で金メダルを獲得し、ボクシングの現役引退を宣言している入江聖奈が11月、現役最後となる2022全日本ボクシング選手権に出場し、2年連続3度目の優勝を果たした。

 東京オリンピックでは初出場ながら、攻めのボクシングで日本人選手史上3人目となる金メダルを獲得し、ボクシング界のニューヒロインに名乗り出た入江。メディアでも大のカエル好きとして、人気を集めてきた彼女。次のパリオリンピックでも金メダル獲得に期待が高まっていた中で突然の現役引退を表明。大学在籍中に限定して競技を続けると明言し、引退後は大好きなカエルの研究に打ち込む予定だ。

【関連記事】「カエルに捧げる人生にしたい」東京五輪金メダリスト・入江聖奈が目指す引退後の「金メダル」とは






 そんなボクシング人生に区切りをつけた世界チャンピオンは、自分がいなくなった後の日本の女子ボクシング界についてメッセージを求められると、悩みながらも非常にポジティブな印象を語った。入江は、

「女子ボクシング界は本当にいい波が来てる。日本だからとか、私の地元の鳥取県だからとかって環境を卑下する必要は全くなくて、今ある環境に誇りを持ってどんどん場数を踏んでいったら私の金メダルなんてあっという間に越されちゃうんだろうなと思います」

 と、世界を経験してきた彼女だから言える日本の環境と勢いの良さに自信を持ってほしいと女子ボクシング界にメッセージを送った。さらに国際大会ではまだ2大会連続でのメダリストは誕生していないことにもふれ、

「この間のアジア選手権でも日本人初の金メダリストも出て、メダリストも前回大会よりとても増えましたし。並木(月海)さんとか2大会連続メダルにリーチですし。2大会連続メダリスト絶対出てくると思います」

 と、東京オリンピックで銅メダルに輝いた並木月海の名を挙げ、連続メダル獲得に期待を込めた。さらに未来の女子ボクシング界を牽引する選手たちに自身の経験から、「自分の長所と短所を理解してファイトスタイルを作っていく必要があるなと思います。自分が好きでやりたいボクシングと、試合で勝てるボクシングは違ってくる。もちろん自分が好きなボクシングをしても良いんですけど、それプラス自分の強みを活かす勝ち方を意識して欲しいです」と、アドバイスを送った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧