大谷翔平、カーショーから球宴初ヒットを放つも、まさかの牽制死に苦笑「できればホームランか空振りが良かったが・・・」

タグ: , , , 2022/7/20

2年連続2回目の出場となった大谷。今回のオールスターは打者に専念した。(C)Getty Images

 現地時間7月19日(日本時間20日)、MLBオールスターゲームが42年ぶりにドジャースタジアムで行われ、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平はア・リーグの「1番・DH」でスタメン入り。史上初の「投手・DH」で出場した昨年は2打数ノーヒットに終わったが、2年連続2回目の今年は、第1打席でオールスター初ヒットを記録した。

【動画】開始5秒でカーショーからオールスター初ヒット!「初球フルスイング」の宣言通りに一発を狙った大谷翔平の第1打席をチェック!






 ナ・リーグ先発のクレイトン・カーショー(ロサンゼルス・ドジャース)と対戦した1回、先頭打者の大谷は初球をセンター前に運んで出塁する。しかし、直後にまさかの展開が待っていた。カーショーの意表をついた牽制球に仕留められ、無死1塁のチャンスでまさかの牽制死を喫したのだ。これには大谷も苦笑を浮かべてベンチに戻るしかなかった。

 3回の第2打席では、サンディエゴ・パドレスのジョー・マスグローブと対戦し、フルカウントから四球を選んで出塁。大谷はこの打席の後にフラッシュインタビューに応じ、カーショーから放ったヒットについて「なかなかシーズンでは打てなかったので、あまりいいヒットではなかったですけど、打てて良かったです。(第1打席は)初球から全部振るつもりで行きました。できればホームランか空振りかくらいの感じが良かったんですが、一番渋いヒットだったので、ちょっとあれでしたね」と振り返った。

 また、大谷にとって2回目となったオールスター出場は自然体で臨めたようで、「去年よりはリラックスして、昨日のホームランダービーもそうですし、今日のゲームも、その前のレッドカーペットも、去年よりは楽しめたかなと思います」ともコメント。年に1度の球宴を満喫できたようだ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】エンゼルスも大谷のWBC出場へ前向き、二刀流が最も輝けるチームはやっぱりここ?
【関連記事】「これを待ってた!」ザギトワ、ビーチで披露した”透け感あふれる白シャツ姿”が「可愛すぎる」と話題!
【フォトギャラリー】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧