「まだスターになりきれていない」阪神・佐藤輝がスーパースターになる為の「絶対条件」とは!?日本一の投手コーチ 佐藤義則氏が語る !

タグ: , , , 2022/7/20

(C)CoCoKARAnext

 17日に行われた阪神対中日の試合について、現役時代、阪急で最優秀投手をはじめ、最優秀中継ぎ投手、最多勝利、最多奪三振、ノーヒットノーラン達成など数多くのタイトルを獲得し、引退後も阪神、日本ハム、楽天などで投手コーチを歴任、ダルビッシュ有や、田中将大ら日本を代表する投手たちを育てあげ、野村克也氏や星野仙一氏に「日本一の投手コーチ」と称された佐藤義則氏が、自身でおこなっているYouTubeチャンネル「佐藤義則チャンネル」で語った。

【動画】ストライクゾーンの使い方 / 2022年7月17日【 #阪神 vs #中日 】 #佐藤義則 のワンポイント解説


 7月17日に甲子園球場で行われた、阪神対中日の試合は3-1で阪神が勝利をおさめた。

 この日の試合は、初回から試合が動いた。先攻の中日は、大島のヒットとエラーでチャンスメイクすると、3番・木下の犠牲フライで先制。しかしその裏、阪神も先頭の中野、島田、近本の3連打で無死満塁とすると4番・佐藤輝がライトへの適時打ですぐさま逆転。その後もさらに1点を加え3-1とリードを広げた阪神は、先発投手のガンケルが8回を3安打1失点の好投で中日打線を押さえ込み、勝利を手にした。

 初回に失点を許しながら、2回から7回までをパーフェクトに抑えたガンケルの完璧な投球に関して佐藤氏は

「2回以降は3人ずつパーフェクト。打たせて取るというガンケルの良さが出ていた。8回はピンチになったけど、よく平田を三振にとって、大島もツーシームの難しい球を打たせてしのいだところに、今日のナイスピッチングが見えたかなという感じがしました」

 と、ガンケルの好投を称えた。また、両チームとも失点にエラーが絡んでしまっていた事には残念としながらも、2点を守り切った阪神に粘り強さを感じたという佐藤氏。





 さらにこの日猛打賞の活躍を見せた、佐藤輝のバッティングに関して佐藤氏は、

「佐藤君の好きなカーブを投げてくれた。ローボールヒッターで、遅い球がインコースに来て、ちょうどバットを下ろした所にくるから打てる。この1年間見る限り、カーブ打つの上手いもん。だから速い変化球で落ちる球の方がアウトになる確率高いんだけど、(中日・捕手の)木下君がそれが頭になかったのか、打たれてる」

 この日の中日側のバッテリーの攻め方の課題をあげながら、佐藤輝の打撃を冷静に分析。さらに自分が投手だったら佐藤輝にはインコースと遅い球は投げないとシミュレーションしながら佐藤輝の現状の調子と課題を見つめた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧