大谷翔平のスライダーがえげつない!140キロの“高速フロントドア”に米投球分析家も「すさまじい」とあきれ顔

タグ: , , 2022/5/19

投球のレパートリーに曲がり幅が大きなスライダーを加えた大谷。球威抜群のストレートとのコンビネーションで三振を量産している。(C)Getty Images


 二刀流の新たな武器に、専門家も唸るしかないようだ。

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平が5月19日(現地時間18日)、敵地でのテキサス・レンジャーズ戦に「3番・投手兼DH」でスタメン出場。打者としては5打数無安打に終わったが、投手として6回(94球)、7奪三振、2四球、被安打6、2失点と粘投を見せた。

【動画】米投球分析家も「すさまじい」とあきれ顔!大谷翔平が投じた87マイル(約140キロ)のフロントドアスライダーをチェック

 今季7度目の“リアル二刀流”として挑んだこの試合、序盤は制球に苦しんで何度かピンチを迎える。しかし、自慢の速球を軸に3回まで無失点ピッチングを披露。4、6回に“天敵”のジョナ・ハイムにタイムリーを打たれたものの、6回を2失点に抑えて試合をつくり、先発投手としての責任を果たした。

 この日は100マイル(161キロ)を8球計測し、直球の平均球速が98.6マイル(約158キロ)のキャリア最高を記録するなどストレートの威力も抜群だったが、米投球分析家のロブ・フリードマン氏が注目したのは、スライダーの切れだ。同氏は自身のSNSに大谷の投球動画を掲載し、「ショウヘイ・オオタニ、すさまじい87マイルのフロントドアスライダー」とあきれ顔の顔文字を添えて投稿した。

 大谷は今季からスライダーの横の変化量を増やしているようで、米データサイト『FanGraphs』でも、その変貌ぶりを「無敵」だと褒めちぎっている。MLBでも高速スライダーを投じる選手はいるが、大谷ほどの球速と変化量を兼備しているものは稀だ。この新たな伝家の宝刀を武器に、今後どんなピッチングを見せてくれるのか。日本が誇る至宝の4勝目が待ち遠しい。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】「これを打てるなら奇跡だ」二刀流・大谷翔平の“速すぎる”変化球を米絶賛!待望の一発はお預けに
【関連記事】巨人・岡本和に異変? 22打席ぶりヒットでささやかれる「あの理由」とは
【PHOTO】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!






「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧