「大谷翔平」存在自体が流行語? バナナ!クソ野郎!・・・二刀流に送られた賛否

タグ: , , 2021/11/6

 今年を代表する言葉を選出する恒例イベント「2021ユーキャン新語・流行語大賞」の30候補が発表され、 メジャーリーグ(MLB)エンゼルスの大谷翔平投手(27)に関連する「リアル二刀流」と「ショータイム」がノミネートされた。

・今すぐ読みたい→
大谷翔平、来季は夢の60本塁打達成へ!飛躍の条件は「〇〇を減らすこと」元メジャーリーガーが語る課題と展望 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/akinoriiwamura-analyse-shoheiotani-03/



 今年の野球界トピックは他にも侍ジャパンの五輪金メダル、プロ野球はヤクルトとオリックスの前年最下位アベック優勝も話題となった。それでも野球界から「流行語」に選ばれたのは大谷関連の2つだけ。大谷の活躍は海を越えて、日本でも今年を象徴する大きな関心事だった。

 「リアル二刀流」の言葉は、打者で46本塁打、投手で9勝をマークし、投打二刀流をMLBで現実のもの(=リアル)として認知させたことが大きい。もう一方の「ショータイム」は大谷の名前の「翔(Sho)」が由来で、見せ場を意味する「SHOW TIME」とかけてファンやメディアの間で愛用されている。

 大谷のパフォーマンスは今季、米国内でもさまざまな表現で形容されてきた。大谷を伝える言葉のなかから印象的だった賛辞の言葉、炎上したコメントをピックアップした。





【称賛部門】

◆「大谷はバナナだ!」
5月、MLB公式ツイッターが発信。バナナには英語で「頭のおかしい、気の狂った」という意味も含まれ、投打で規格外の活躍を「バナナ」と表現したようだ。昨季までの大谷は故障などで万全でなかったが、メジャー4年目に大ブレークし「一皮むけた」ということか。活躍するごとに大谷への表現もエスカレートしていったが、「バナナ」は日本人が聞いたらズッコケそうな変化球だった。

◆「ユニコーンだ!」
4月、エンゼルスのチームメート・ウォルシュの言葉。自身も二刀流に挑戦して難しさを痛感している同僚が「彼を要約するならユニコーン」と空想の生き物にたとえ、解説者やメディアでも使われるようになった。二刀流の先駆者だった「ベーブ・ルースの再来」のフレーズが定番だったが、やがて「人造人間」「魔法使い」「フランケンシュタイン」といった、この世に存在しないくらい人間離れした存在にたとえられることが増えていった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧