大谷翔平、マウンドに来るコーチを拒んだ対応に米反応「こんな姿は初めて見た」「本物のヒーローだ」

タグ: , , 2022/5/12

6回1失点とゲームを作った大谷。試合には敗れたが、本人に勝敗はつかなかった。(C)Getty Images


 日本が誇る二刀流の対応に注目が集まっている。

 現地時間5月11日(日本時間10日)、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は、ホームで行われたタンパベイ・レイズ戦に「3番・投手兼DH」の二刀流でスタメン出場。第1打席はファーストゴロ、第2打席は一塁への内野安打、第3打席はショートゴロ、第4打席は空振り三振と、4打数1安打に終わった。試合は延長戦の末、2-4でエンゼルスが敗れている。

【動画】「こんな姿は初めて見た」大谷翔平が見せたベンチへの対応の実際のシーン

 前回登板は無四球11奪三振と、ジョー・マドン監督も「過去最高のピッチング」だと絶賛するほどの完璧な内容を見せた大谷だが、今回の登板には少しの不安要素もあった。それは開幕から大谷とバッテリーを組んできたマックス・スタッシ捕手とカート・スズキ捕手のふたりとも怪我で戦線離脱中という事態だ。

そんな中、この日はオースティン・ロマイン捕手とのコンビで試合に臨んだ。先発マスクをかぶったロマインは、ヤンキース時代に田中将大ともコンビを組んだ経験もあり、日本人投手との試合には慣れている。

 対する対戦相手のレイズは、今季開幕投手を務めたシェーン・マクラナハンを起用。打線もスイッチヒッターを含めた7人の左打者を並べるなど、ここまで比較的左打者に打たれる傾向にある大谷への対策を講じてきた。





 初回はゼロに抑えて順調にすべりだした大谷だったが、二死まで進めた2回、6番のケビン・キーアマイヤーに、高めに浮いたスプリットをスタンドまで運ばれ、先制を許した。

 さらに3回には2者連続の四球でランナーを出すなど制球に苦しむ場面も見られたが、後続をレフトフライ、空振り三振に抑えるなど粘り強い投球で追加点は許さない。

 その後の4回は三振を含む三者凡退に抑え、5回には二死まで簡単に打ち取ったものの、9番にヒットを許すと、ワイルドピッチでピンチを広げてしまう。しかしこのピンチにも動じなかった大谷は、気合の投球で内野ゴロに抑えるピッチング。得点圏ではわずか1割しか打たれていないピンチでの強さを証明した。

 6回には3、4番を緩い変化球で二者連続三振に抑えるなど、見事なピッチングを披露したが、球数が90球を超えたところで降板となった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧