大谷、日本勢初の2か月連続の月間MVP! 評価された「三刀流の価値」とは

タグ: , , 2021/8/3

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は2日(日本時間3日)、敵地で行われたレンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。相手右腕ダニングに対し、第1打席はショートライナー。3回の第2打席は外角低めの球に空振り三振となった。5回の第3打席も二ゴロに倒れ、8回の第4打席も見逃しの三振とこの日は4打数ノーヒットに終わった。

・今すぐ読みたい→
大谷の「規格外ぶり」はプレーだけじゃない!金村義明が試合を見て驚いた「あること」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-nonstandard/



 一方でこの日の大谷には嬉しいニュースも飛び込んできた。米大リーグ機構(MLB)は2日、7月の最優秀選手(MVP)を発表。大谷が6月に続き2度目のア・リーグ月間MVPを獲得した。2か月連続の受賞は日本人選手初となる快挙。2度の選出も野茂英雄、伊良部秀輝と並ぶこととなった。

 7月成績は打者として23試合に出場、打率2割8分2厘、9本塁打、19打点、4盗塁をマーク。投手としては3試合に先発し、2勝0敗、防御率1・35の好成績を収めた。

 一方で同じア・リーグの野手では、今回の表彰で月間の最優秀新人賞を獲得したエリック・ハース捕手(タイガース)が23試合に出場して、打率2割6分5厘、9本塁打、29打点の成績を残している。本塁打数は大谷と共に並び、打点の面では10打点多いことで、今回の大谷の受賞に関しては「投打にわたっての活躍となる二刀流に加え、さらに足を含めての受賞ではないか」(メジャー関係者)という声が上がっている。投打の活躍に加え、大谷の大きなアドバンテージでもある「足」も評価されての受賞になったというのだ。





 ファンの間では「あんなにユニホームを汚すピッチャーがいるのか?」と、盗塁の際のスライディングでユニホームが泥だらけになる大谷をリスペクトする声も上がるほど。

 常に常識外のプレーでメジャーを盛り上げる「三刀流・大谷」にはMVPがよく似合うだろう。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧