大谷お疲れモード 三振増の理由とは・・・

タグ: , , 2021/8/6

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地でのレンジャーズ戦に「2番・DH」で出場。5打席で2三振含む3打数ノーヒット2四球で打率は2割7分となった。これまで登板後の試合は本塁打が出やすいというデータもあったが、ノーアーチの試合が今季最長の8試合となるなど、ここにきて疲れが目立ち始めた。

・今すぐ読みたい→
大谷メジャー自己最多の6勝目! 指揮官も認めた「修正能力」の高さとは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-high-correction-ability/



 初回無死一塁で迎えた第1打席は内角低めのチェンジアップを空振り三振。続く2、第3打席は四球で出塁。6回2死一、二塁で迎えた第4打席では、再び空振り三振に倒れた。この三振で今季130個目の三振。日本人選手の最多記録は2008年レイズ時代の岩村明憲内野手の131で、あと1個で並ぶこととなった。第5打席は右飛に終わった。

 ただ今季三振が増えている理由については、前日6勝目を挙げた試合後に大谷はこうコメントを残している。

「甘い球を待っていると、今の状況では、特に浅いカウントではボールでもいいくらいの感じでカウントを取りに来る場面が多い。無理にそこに手を出す必要はないと思っていますし、その結果、やはり2ストライク後の打席が多くなるので、三振も多少増えるかなと思います」





 現在37号とホームランキング争いを繰り広げる大谷に関しては、どのチームも「ストップ・ザ・翔平」といかに、長打を出させないかを主眼としている。アウトコース主体の攻めを行ったり、打撃の調子を少しでも崩そうとあの手この手を繰り広げているとあって、慎重にボールを見極めているというのだ。さらに本塁打を狙うとなれば、どうしても三振は多くなる傾向にある。「本塁打王」が同時に「三振王」となることは珍しくないとあって、三振が多いことは長打者の証ともいえる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧