喝!「若者の青春を大人が取り上げている!」前田日明が憂う日本&格闘技の問題点、前田日明×大山峻護スペシャル対談2

タグ: , , , , , 2022/7/1

(C)CoCoKARAnext

 「新日本プロレス」、「UWF」、「リングス」、「アウトサイダー」と世の中を熱狂させてきた格闘王・前田日明さんと、元PRIDE戦士・大山峻護さんによる対談第2弾!

 日本への提言を綴った著書「日本人はもっと幸せになっていいはずだ」(サイゾー/2021年)を上梓した前田さんが、日本の矛盾点、格闘技の改善点を一刀両断!

【関連記事】朝倉未来・海、不良たちを成功に導いた前田日明が説く人生の本質、前田日明×大山峻護スペシャル対談1

好奇心が人生を作る

大山:リングスやアウトサイダーなど、前田さんはいつも新しいもの、人がやらないものを作ってきました。レジェンドでありながら、今の時流も柔軟に取り入れて、常にアップデートされている。そういった生き方とか、発想はどうやって生まれるんでしょうか?

前田:別に発想があるわけじゃないんだよね。好奇心が強いから、とりあえずいろんなことに手を突っ込んでみる。そこから自分に合うもの合わないものが見つかるし、経験や知識、価値観が生まれてくる。

大山:前田さんのすごいところは知識の広さと深さ。大学の教授とか、いろいろな文化人と真っ向勝負で話せるところがすごいです。視野が広いですよね。

前田:昔から活字中毒だったからね。プロレスラーになる前は1人の生活が多くて、10代の頃にずっと家に1人でいると、頭が狂いそうになるのよ。だから本を読むしかなかった。俺が高校入って空手を始めた昭和の時代って、柔道や剣道、空手をやっている人たちは本に埋もれて暮らしているような人がいっぱいいた。それで俺も先輩に文学を読めって言われて、太宰治とか三島由紀夫とかを読むようになったんだよね。

大山:どういったところが前田青年にささったんですか?

前田:太宰治を読んで憂鬱になった時に読んだ三島由紀夫の『不道徳教育講座』はおもしろかったね。「不道徳の勧め」と言う体裁何だけど、今の日本の堕落は善だけでは無く悪の道徳の腐敗が在る。それを正す為、国立ヤクザ学校や国立泥棒学校を作って今の半端なヤクザや泥棒をビシビシ教育する。そうなると今の悪党供は落第する。悪の学校で落第すると善人になるしか無いので善人が急速に増え犯罪がへる。と言った様なことが不道徳を論じながら語られる。世の中の事象は視点を変えるだけで見え方が変わるって事が面白かったですね。

大山:前田さんは小説とかだけでなく、論語も勉強していましたし、ノンフィクションも好まれますよね?

前田:当時知り合いに論語オタクいて、それで論語を勉強することになって。でも論語をきっかけにして中国の歴史おもしろいなって思って、春秋戦国時代とかも興味を持つようになったね。小説は十代の頃はよく読んでいたけど、二十代になってからはノンフィクションばかりで取り分け壮絶なアルピニズムの話には嵌りました。





大山:前田さんの知識の広さと深さ、掘り下げ方が凄まじいです。趣味もウイスキーや葉巻、日本刀、サバゲー、釣りと趣味も多彩。時間ってどうやって使っているんですか?

前田:本とか調べものは、トイレとか寝る前に。それが習慣付いちゃって、読みながらじゃないと眠れないし、寝るつもりだったのが朝まで夢中で起きてしまっていることもよくあるね。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧