ホークス4位は「予想外」OB・攝津正氏が前半戦の戦いを分析

タグ: , , , 2021/8/26

 東京五輪が終わり、いよいよ勝負の後半戦がスタートしたプロ野球。セ・リーグは阪神が、パリーグはオリックスが首位でターン。さらにパ・リーグは首位から4位までが4.5ゲーム差(8/25時点)と、混戦状態が続いている。

そんな中、5年連続日本一を目指す王者・ソフトバンクがまさかの4位と出遅れている。そのソフトバンクについて、5年連続で開幕投手を務め、沢村賞をはじめ数々のタイトルを獲得したOB・攝津正氏が、前半戦の戦いを分析した。

・今すぐ読みたい→
攝津正氏が語る大谷の凄さと成長。かつての対戦を振り返り「そりゃあ二刀流になるわな」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tadashisettsu-talks-about-shoheiotani/



常勝軍団が4位というまさかの現状に、「予想外の展開。ここまでけが人が出るとは思っていなかったのでね。最低でも2位か3位にはいるだろうと思っていました」

と、けが人が続出したこともあって予想外の展開と語る攝津氏。だが一方で、これまでの戦い方を踏まえ、こんな見解も示している。

「4位とはいえ勝率は5割。借金がなく折り返せたという点は、良かったのかなと思います。優勝した年もそうなんですが、そんなに前半戦終わってそこまで首位がズバ抜けていたかというと、そうではないですよね。大体前半戦終了後に、なんとなくAクラスとBクラスが見えてきたかなという感じなので。
成績は悪かったですけど、そこまで上位と離されなかったというのは良かったかなと思います」

その言葉通り、現在首位と4.5ゲーム差と、大きく離されることなく後半戦を戦えているホークス。その要因について、攝津氏はこのように分析する。





「中継ぎ陣が良かったところですかね。開幕投手を務めた石川投手はじめ、先発陣がまずまずの成績を残している中で勝ちがつかない試合が多かったですから。
接戦を落とした試合も多かったですけど、引き分けも多く、負けなかったですから、そこは後ろのピッチャーが頑張ってくれたのかなと思います。
接戦は、シーズンを考えると、1~3点の試合をいかに拾えるかということがかなり大事。特に後半戦は、一つの勝ちの重みって、全然変わってきますからね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧