「めっちゃ怖いのかと思ったら・・・」攝津正氏が中村紀洋氏との伝説の乱闘シーンを振り返る

タグ: , , , 2022/4/2

 今や珍しくなった乱闘シーン。だが、昔は野球を彩る風物詩の一つとしてファンの間で語り継がれている試合もたくさんあった。その一つが、沢村賞投手でソフトバンクの絶対エースとして長年チームを支えた攝津正氏が中村紀洋氏と繰り広げた乱闘シーン。

同シーンは「プロ野球チャンネル パ」で公開され、動画の再生回数が400万回をこえるなど、大きな注目を集めている。

果たしてどのような心境だったのか。攝津正氏本人が自身のYoutubeチャンネルで真相や当時の状況について語った。

【動画】中村紀洋氏との乱闘シーンを攝津正氏が解説してみた!
・今すぐ読みたい→
矢野阪神 泥沼7連敗!「懲罰交代」に「ちぐはぐ采配」でいよいよささやかかれる「あの事態」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tigers-background-of-7-consecutive-losses/



事件は2010年9月9日の福岡ソフトバンクホークス対楽天イーグルスの試合で起きた。

楽天が3ー2とリードした7回二死三塁の場面。攝津氏の投じた初球が中村紀洋氏の左肘付近に直撃。これに中村氏が激怒、マウンドまで詰め寄り両チームベンチ総出で飛び出す騒ぎになった。

この乱闘騒ぎについて攝津氏は自ら動画を見返しながら

「(その試合で)2安打打っている人間(中村氏)に対して当てたからって事じゃないですかね、しかも結構肘に当てちゃってるし」

と状況を解説し

「俺的には別に当ててるつもりは全くないし、すっぽ抜けたっていうよりかは厳しいところ攻めたら当たったぐらいの感じじゃないですかね」

と当時の心境も語った。





その後、時が流れ、この動画が注目を集めていることを知った中村紀洋氏とは

「なんか話題になってるね」と話したという。中村氏の印象についても「めっちゃ恐いのかなと思ったら全然恐くない、優しかったです」

とわだかまりが残ることも無かったという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧