【RIZIN】優勝は「最低条件」プレッシャーを抱えながら臨んだ白鳥大珠がトーナメントを振り返る

タグ: , , , , , 2021/6/28

 格闘技イベント「RIZIN.29」が27日、丸善インテックアリーナ大阪で開催された。今大会メインイベントとして行われた、4選手による「ワンナイトトーナメント」では、決勝戦を皇治と戦い3-0の判定勝ちをおさめた白鳥大珠が優勝を飾った。

試合後、白鳥は自身のYouTubeを更新。改めて今大会を振り返るとともに、自身の思いについて語った。

・今すぐ読みたい→
「天が二物を与えた」格闘家 キックボクシング 白鳥大珠特集 https://cocokara-next.com/feature_archive/taijushiratori-feature/

プレッシャーはあった。今回負けたら、俺後ないなって


プロで1日2試合行ったのは初めてだったという白鳥。「疲れましたね」と率直な感想を口にしながらも、その表情は晴れやかなものだった。

自身2連敗という中で迎えた今トーナメント。優勝候補筆頭として掲げられていた白鳥だったが、その一方で相当なプレッシャーもあったという。

「1回戦勝った時に、それまでの連敗から脱出したという解放感がありました。連敗って本当きついんですよ。このトーナメントも絶対負けられないじゃないですか。今回負けたら、俺後ないなって思っていたので。髙橋(亮)くんとの戦いも、正直プレッシャーはありましたね。でもなぜか緊張はせずにリラックスできたんです。なので、集中力は高かったと思いますね」

1回戦では、1RKO勝ちと圧倒的な力の差を見せつけ決勝へ勝ち上がった白鳥。だが、もう一方の皇治VS梅野源治の試合では、偶発的なバッティングにより梅野が試合続行不可能に。試合はノーコンテストとなり、協議の結果、皇治が決勝進出となった。





互いに不本意な形での決勝戦とはなったものの、試合は白鳥が3-0判定勝ちをおさめ、見事優勝。

決勝戦では、打たれ強いとされる皇治からダウンを奪うなど、力の差を見せつけた白鳥。一方の皇治も、ダウンを奪われたものの、前に出る姿勢を貫き、3Rを戦い抜く流石の戦いぶりをみせた。

これには白鳥も、

「皇治選手はタフでした。皆さん皇治選手を打たれ強いと言っていますが、確かにそれはあると思います。でもそれ以上に気持ちだと今日戦って感じましたね。
体的にはダメージがあるのに最後まで前に出てきていた。あれは気持ちの強さだと思います」

と、皇治の気持ちの強さについて感心していた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧