【RIZIN】勝敗のポイントは「距離感」皇治・白鳥大珠ら出場キックトーナメントの戦評を「ネクスト天心」こと田丸辰が語る!

タグ: , , , , , , 2021/6/28

 総合格闘技イベント「RIZIN.29」が27日丸善インテックアリーナ大阪で開催された。

この試合のメインイベントとなった、4選手による「ワンナキックトーナメント」では、決勝戦で皇治と白鳥大珠が対戦。3ー0で判定勝利した白鳥がトーナメント優勝を飾った。

本誌では今回のキックトーナメントの戦評を、立ち技打撃格闘技「RISE」初代スーパーフライ級王者・田丸辰にインタビュー。

試合の印象や、勝負を分けたポイントについて聞いた。

・今すぐ読みたい→
「天が二物を与えた」格闘家 キックボクシング 白鳥大珠特集 https://cocokara-next.com/feature_archive/taijushiratori-feature/

「想像以上の結果となりびっくり」


1回戦では皇治VS梅野源治、白鳥VS髙橋亮がそれぞれ激突。

だが、先に行われた皇治VS梅野の試合では、開始序盤で皇治による偶発性のバッティングにより梅野が顔面を負傷。試合続行不可能と判断され、試合はノーコンテストに。協議の結果、皇治が決勝進出となった。

事前の試合予想では、前に出て戦う皇治と距離をとる梅野、どちらが自分の戦いをするかをポイントに挙げていた田丸。
今回の試合では開始直後から皇治が前に出て攻める形となったが、この試合をどのように見ていたのだろうか。

「今回バッティングという形になりましたが、梅野選手は遠い距離が上手い選手で、その距離にさせたくなかった皇治選手がガンガン前に行こうという作戦だったと思います。その中で、前に行く分頭が当たってしまうということは仕方ないことではあるのかなと思いますね」

激しい打ち合いの中でのバッティングについて、自身も試合中何度か相手から受けたことがあるという田丸は、

「故意ではなくても起こりうることではあると思いますが、反則の技なので、そこは気をつけて戦わなければいけないと思います」

と、激しい攻防においてもケアをする必要性について言及した。





一方、圧倒的な力の差を見せつけ、決勝に進出したのは白鳥。

先の予想では、どれだけ白鳥が圧倒して勝利するかをポイントとしていた田丸だったが、まさにその通り、白鳥の1RKO勝ちとなった。

この試合について田丸はこう振り返る。

「自分が思っていた以上に白鳥選手の仕上がりが良かった印象でした。想像以上の結果となりびっくりしましたね」

これまでKO負けの無かった髙橋をKOで下した白鳥については

「白鳥選手自身、2連敗してる中での今回のトーナメントだったので、やってやるぞという気持ちで練習も挑んでいたと思いますし、その結果が表れていたのではないかと感じました」

と、白鳥の気持ちが全面に出た戦いだったと振り返った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧