【RIZIN】白鳥大珠が皇治のバッティング問題に言及「狙ってやっているワケではないが早々起こるものでも・・・」

タグ: , , , , 2021/7/6

 先月27日に行われた格闘技イベント「RIZIN.29」にて、メインイベント「ワンナイトキックトーナメント」の優勝を果たした「キックの王子様」こと白鳥大珠がYouTubeチャンネルを更新。トーナメントで物議を醸した「バッティング」(頭突き)問題について言及した。

・今すぐ読みたい→
「天が二物を与えた」格闘家 キックボクシング 白鳥大珠特集 https://cocokara-next.com/feature_archive/taijushiratori-feature/



ことの発端となったのは、今トーナメントの1回戦。梅野源治と対戦した皇治が、試合開始わずか40秒ほどで偶発的なバッティング。梅野は顔面を負傷し、試合続行不可能と判断され、試合はノーコンテストとなった。

協議の結果、決勝戦には皇治が出場し、1回戦を髙橋亮と戦い圧倒的な強さを見せ勝ち抜いた白鳥と対戦した。

だが、決勝戦でも皇治のバッティングが続出。試合が中断される場面も多々あった。

結果、1Rからダウンを奪うなどし、白鳥が3-0で判定勝ちし優勝をおさめたものの、皇治の「バッティング問題」については試合後もしばらく物議を醸されることとなった。





自身も決勝戦でバッティングを受けた白鳥は、皇治のファイトスタイル故に起きやすいのではないかと言及する。

「皇治選手も、狙ってやっているワケではなく、戦いのスタイルがそうさせてしまっていると思います。僕も梅野選手も、(皇治より)10cmくらい身長が高いので、パンチからではなく頭から入ってくるんですよね。接近戦が得意な選手はそういうのが多いと思います。自分よりも身長が低い選手だったらバッティングが起こりにくいと思うんですけど、自分よりも高い選手だとリーチ差もあるし届かないんで入っていくしかない。なので中に入っていかないとパンチも当たらないんですよね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧