誕生日を迎える今日の試合で達成なるか!?西武・栗山が2000本安打まであと「2安打」 次に大台に近いのはどの選手?

タグ: , , 2021/9/3

 西武・栗山巧外野手の偉業達成が間近に迫ってきた。1日のロッテ戦は2安打で快勝に貢献し、通算1998安打。名球会入りの条件である2000安打の大台にあと「2安打」とした。


 
 3日の楽天戦は38歳のバースデー。記念日に節目到達なるかと注目を集めている。相手の先発は田中将大投手。これ以上ない相手となる。

 日本球界での2000安打達成は、昨年11月8日の巨人・坂本勇人以来、54人目となる。20年目を迎えた栗山は今季も衰え知らずの勝負強さを発揮し、ここまで72安打。昨季はチームトップの打率・272をマークし、円熟の打撃技術にますます磨きがかかっている。

 金字塔を打ち立てるのは間違いない状況だが、ではその次に2000安打の大台に近いのは誰なのか。

 現役で栗山に続くのは、元チームメートでもある巨人・中島宏之で、9月1日現在1884安打を放っている。栗山より1学年上の39歳。昨季は100試合に出場して117安打放ち、打率・297、7本塁打、29打点と復活を遂げた。今季はここまで50試合に出場し、34安打、打率・296、4本塁打、20打点。メジャー挑戦しながら故障も重なり出番がなく、2013、2014年の2シーズンはほぼ棒に振ってしまった。そんな足踏みもあったが、ここにきてベテランの味を発揮しており、一時は険しく映った2000安打の大台到達への可能性は、再度ふくらんできている。

・今すぐ読みたい→
プロ野球 神ドラフト史!出世順位の「西武ドラ3」の面子が凄すぎる https://cocokara-next.com/athlete_celeb/seibu-lions-3rd-draft/






 その次はソフトバンクの松田宣浩で1798安打。栗山と同学年の38歳で、今季はここまで93試合に出場し、70安打、打率・236、11本塁打、36打点という成績。120試合に短縮された昨季は90安打で、11年ぶりに2桁安打にとどまったが、まだまだレギュラーでの活躍が求められるところ。チームの浮上にも欠かせないムードメーカーで、終盤での固め打ちに期待が集まる。

 続くのが阪神・糸井嘉男の1710安打と、中日・大島洋平の1705安打。40歳の糸井は昨季、12年ぶりの2桁となる72安打。今季は新人・佐藤輝明の登場もあり、14安打にとどまっている。ここにきての急失速で、2000安打には黄色信号か。

 大島はまだ35歳と若く、ここまでリーグ3位の117安打と快調に安打を重ねている。2019年は174安打、昨年は146安打で2年連続最多安打賞を獲得中で、3年連続タイトル獲得の可能性も十分にある。糸井を追い抜くのは時間の問題といえそうで、大きな故障などがなければ大台到達への道のりが開けそうだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧