ヤクルト15連敗…、過去最長連敗記録のチームとは?その年の順位は?

タグ: , 2019/6/1

  一時首位を快走した4月が、はるか昔のように感じる。ヤクルトが5月、大失速した。31日のDeNA戦も1点差惜敗し、泥沼の15連敗を喫した。

 長いプロ野球の歴史上、15連敗以上したケースは過去8例しかない。不名誉な9例目に小川ヤクルトが名を連ねてしまった。

史上最大の連敗記録は?


 目を覆いたくなるばかりの大型連敗だが、日本プロ野球史上最長のトンネルは、どこかファンに愛されもして、さんぜんと歴史にその名を残している。1998年に刻まれたロッテの18連敗である。

 このシーズン、ロッテの滑り出しも決して悪くはなかった。5月を終え20勝21敗と、ほぼ勝率5割ペース。6月12日にはエース・黒木知宏がオリックス相手に1失点完投勝利を飾った。だが、ここから七夕の夜を越えるまで、ロッテファンは勝利の美酒を口にすることはできなかった。

 13日のオリックス戦で小宮山悟が5失点KOされると、長いトンネルが始まった。
 16日の近鉄戦は18安打8得点と打線が爆発したが、12失点と投打の歯車がかみ合わず敗れた。
 18日の近鉄戦は9回裏に追い付かれ、延長11回にサヨナラ2ランを許した。
 21日の日本ハム戦は、1点リードの最終回に黒木が田中幸雄に逆転サヨナラ2ランを浴びた。
 23日の西武戦は薮田安彦が4失点完投も、打線が零敗で見殺し。
 24日の西武戦は5点ビハインドを追い付いたが、延長11回に力尽きた。
 26日の近鉄戦は9回土壇場で同点に追い付いたが、延長11回に黒木がまた打たれた。

・合わせて読みたい→
V率0%から100%へ…、広島が変わった4月の「あの夜」とは?(https://cocokara-next.com/motivation/hiroshima-carp-winning-probability/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧