巨人・菅野 エースの矜持 注目された「あのポイント」とは

タグ: , , 2022/5/13

 これぞエースの姿だ。巨人は12日のDeNA戦(横浜)に4ー1で勝利。右ひじ違和感から復帰登板となった菅野智之投手(32)が走者を出しながらも粘り強く投げ、6回100球5安打1失点で4勝目。チームの連敗も5でストップとなった。

【関連記事】【巨人】梶谷離脱で浮き彫りになった〝原全権監督〟の「危うさ」とは



 魂のこもった投球だった。1点リードの6回。先頭の牧に二塁打を許しピンチを招くと、ギアを上げた。ソト、大和を連続三振に打ち取ると、四球をはさみ、二死一、二塁で迎えた代打・藤田を外角速球で空振り三振に斬ると雄たけびを上げた。

 決して万全の状態ではない。それでも懸命に腕を振るエースの姿に打線も奮起した。3回にはポランコ、岡本和のアベックアーチも飛び出し、菅野を援護。8回には中田の犠飛などでさらに追加点を奪い、最後は大勢が締めた。菅野が抜けたチームは試合前まで5連敗と苦しんでいた。見事、連敗ストッパーの役割を果たしたことに「何とか粘って投げられればと思っていた。いい結果につながって良かった」と安堵の表情を見せた。





 この日の菅野はナインを鼓舞する姿勢も光った。試合開始から激しい雨が降りしきり、チームはミスを連発。初回先頭の桑原の打球は打ち取ったかと思われたが、送球難を抱えるウォーカーをカバーしようと深追いした遊撃の中山が落球(記録は左二塁打)。このミスが響き失点すると、4回は右翼手・ポランコがソトの飛球をグラブに当てながらも落球(記録は右二塁打)、5回にも二塁手・広岡が関根のゴロをファンブルするなど、味方の度重なる拙守に足を引っ張られるも、そのたびに「大丈夫!」とグラブを叩いて、ナインを勇気づけた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧