【UFC 甦る名勝負選】アンデウソン・シウバ編 タイトルマッチに挑んだ岡見勇信が当時の激闘を振り返る

タグ: , , , 2020/9/2

 2006年から2013年の長きにわたってミドル級王座に君臨したアンデウソン・シウバ。日本の修斗やPRIDEでも活躍し、圧倒的な強さを誇ったレジェンドファイターの試合がWOWOW「UFC 甦る名勝負選!」の第2弾として放送される。

(c)WOWOW

シウバがミドル級王者に輝いたリッチ・フランクリン戦に始まり、ネイサン・マーコート、ダン・ヘンダーソン、フォーレスト・グリフィン、岡見勇信と、次々と強敵と戦ってきた試合を振り返る。「異次元の強さ」といわれた絶対王者の試合は必見だ。

そして、今番組ではUFCの舞台でシウバと激闘を繰り広げた岡見勇信がゲストで登場。当時のことやミドル級への思いなどを語ってもらった。





・今すぐ読みたい→
朝倉海vs扇久保の一戦を「グレイシー一族と死闘を続けた男」が語る https://cocokara-next.com/athlete_celeb/rizin23-shungooyama-review/

(c)WOWOW


――まずは本日の感想をお願いします。
「久しぶりにWOWOWに来て、いろいろ思い出しました。髙阪さん、髙柳さんに会えるのもうれしかったですね。格闘技の現場ではよく髙阪さんにお会いしますが、このような番組でお会いすると不思議な気持ちです。『WOWOW UFC』だな、と思いました。」

――番組についてはいかがでしたか?
「アンデウソン・シウバの歴史をすべて知ることができると思いました。アンデウソンの歴史イコール、UFCの歴史でもあるので、UFC知りたい方にはぜひ見てほしいなと思います。」

――ご自身のタイトルマッチを改めて振り返ってみて、率直な思いを聞かせてください。
「こうやってじっくり見るのは初めてでした。解説をしながら、あの時自分がどういうふうに思っていたかを思い出していました。あの時は頭真っ白だったなとか、意外とこういう動きができていたな、とか。いろんな発見があって、こういう機会をいただいて感謝しています。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧