髙阪剛『UFC240』の展望を語る「ホロウェイを崩すには打ち合いしかない」「堀江は勝つことだけを考えてほしい」

タグ: , , 2019/7/18

 日本時間の7月28日、カナダ・アルバータ州エドモントのロジャーズ・プレイスで『UFC230』が開催される。

写真:Getty Images

 メインイベントは、王者マックス・ホロウェイが元ライト級王者フランク・エドガーを迎え撃つUFC世界フェザー級タイトルマッチ。さらに日本の堀江圭功が、カナダのハキーム・ダオドゥ相手にUFCデビュー戦を行う。

 この2試合の見どころを、WOWOW『究極格闘技-UFC-』解説者としても知られる「世界のTK」髙阪剛に語ってもらった。

・合わせて読みたい→
【動画】試合の後遺症?堀口恭司、インタビュー中に突然「トイレ…」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-19/)


——「UFC230」のメインイベントは、フェザー級王者マックス・ホロウェイがフランク・エドガーを相手に3度目の王座防衛戦を行います。この一戦を髙阪さんはどう見ていますか?
「これは正直言って、エドガーにとってかなり厳しい試合になると思いますね。お互いがやってきた試合を見れば見るほど、『これ、賭けにならないんじゃないか?』と思ったりするんですよ。」

――そこまでですか!確かに、エドガーが敗れたジョゼ・アルド、ブライアン・オルテガに、ホロウェイは完勝しています。
「それもそうですし、ホロウェイとエドガーとでは、かなりの体格差がありますよね。とくに身長差は12cmもありますから。エドガーがパンチを当てるには、距離を詰めて中に入っていくしかないんですよ。まあ、エドガーはいつも自分より大きな相手と対戦しているので、遠い間合いからステップを踏んで、一気に懐に飛び込んでパンチを打ち込むのは得意ですけど、当てたところで、ホロウェイは打たれ強いし、パンチをもらってからの方が強くなるようなタイプですから。」

――打ち合い上等、ということですか。
「そのホロウェイをエドガーがパンチで倒しきるっていうのは、かなり大変だと思うんですよ。一発二発じゃ倒れてくれませんからね。結局、ホロウェイって、相手が前に出てこようが打ってこようが関係なく、打撃をもらいながら強いパンチを返していくので。それを承知の上で、エドガーが前に出られるかどうかが、まず大きなポイントだと思いますね。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧