「ヌルマゴメドフを窮地に追い込める選手がいるとしたら、ゲイジーしかいない」 髙阪剛が『UFC254』の見どころを語る

タグ: , , , 2020/10/20

 日本時間の10月25日、『UFC254』がアラブ首長国連邦・アブダビの「ファイトアイランド」で開催される。

(写真左より)ハビブ・ヌルマゴメドフ、ジャスティン・ゲイジー/Getty Images

 メインイベントは、MMA(総合格闘技)28戦無敗の正規王者ハビブ・ヌルマゴメドフと暫定王者ジャスティン・ゲイジーによるライト級王座統一戦。

 この大一番の見どころを「世界のTK」髙阪剛に語ってもらった。





・今すぐ読みたい→
朝倉海vs扇久保の一戦を「グレイシー一族と死闘を続けた男」が語る https://cocokara-next.com/athlete_celeb/rizin23-shungooyama-review/

ハビブ・ヌルマゴメドフ 写真:Getty Images


――無敗の王者ヌルマゴメドフと、今最も勢いのある暫定王者ゲイジーによるライト級王座統一戦がついに実現します。この試合は、今年最大の大一番と言っていいんじゃないですか?
「確かにそうですね。しかもライト級という階級は、スピードも技もフィジカルもすべてを兼ね揃えた階級ですから。この試合の結果や内容というのは、他のUFCファイターや、今後UFCを目指す選手に影響を与えるんじゃないかと思いますね。」

――最もMMAの要素が詰まった階級の頂上対決だからこそ、多くの人に影響を与えるんじゃないか、と。
「はい。二人のこれまでの試合映像をあらためて見返してみて、より一層、その思いを強くしました。」

――では、この試合のポイントはどの辺になりますか?
「第一のポイントは、すごくわかりやすいと思うんですよ。ヌルマゴメドフがタックルからのテイクダウン、ゲイジーは打撃と、やりたいことがハッキリしていますから。まず、ヌルマゴメドフのタックルをゲイジーが切れるかどうかが、大きなポイントになります。」

――たしかに、これまでヌルマゴメドフと対戦した選手はみんな、テイクダウンされてパウンドで削られて敗れています。
「ただ、ひとつ重要な点は、ヌルマゴメドフはたしかにテイクダウン能力が高いんですが、ほとんどが最終的にケージレスリングでテイクダウンしているんですよ。」

——オクタゴンの中央で綺麗にタックルを決めるというより、組みついてケージに押し付けて、そこから倒していく、と。
「そうですね。もしくは、中央でタックルに入ってケージまで押し込んでいって、テイクダウンをとることがすごく多い。ということは、ヌルマゴメドフのプレッシャーを受けてしまう=テイクダウンを取られてしまっているということなんです。だから今度の王座統一戦では、ゲイジーがヌルマゴメドフのプレッシャーを受けるかどうか。プレッシャーを感じてしまうかどうか、そこが根本的な部分で大きなポイントになるんじゃないかな。」

――髙阪さんは、ゲイジーはヌルマゴメドフのプレッシャーを受けてしまうと思いますか?
「それを考える上で重要になるのが、立ち技の技術の部分なんですよ。じつはヌルマゴメドフのパンチの技術は、正直そこまで高くないと思うんです。当然、UFCトップレベルの選手なんで、一定の基準は遥かにクリアしているんですけど、ちゃんと狙い澄まして当てるとか。相手の攻撃をかわしてカウンターを入れるとか、そこまで細かい技術ができるタイプじゃない。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧