ライト級ポワリエとUFC最強の問題児マクレガーが因縁のリマッチ!髙阪剛が『UFC264』の見どころを語る

タグ: , , , 2021/7/8

 日本時間の7月11日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-モバイルアリーナで『UFC264』が行われる。

 メインイベントは、ダスティン・ポワリエvsコナー・マクレガー。両者はこれまで2014年7月と今年1月の2度対戦し、1勝1敗。今回が決着戦となる。

この一戦の見どころを、「世界のTK」高阪剛に語ってもらった。

(写真左より)ダスティン・ポワリエ、コナー・マクレガー/Getty Images





・今すぐ読みたい→
【RIZIN】堀口恭司が朝倉未来の「タップ問題」についてコメント・・・愛犬ロイとの近況も https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-67/

GettyImages


――『UFC264』のメインイベントは、ダスティン・ポワリエvsコナー・マクレガー。6カ月ぶりのダイレクトリマッチにして3度目の戦い、いわば決着戦となりますが、この試合を髙阪さんはどう見ていますか?
「過去2回の映像をあらためて見返してみたんですけど、とくに前回、ポワリエがTKOで勝った試合は、戦略および対策が勝敗を分けた気がしましたね。ポワリエは、ストライカーであるマクレガーに対して、カーフキックでダメージを与えることを戦略に組み込んだ上で試合をやっていたと思うんですよ。それに対してマクレガーは、カーフキックという技術は当然知っていたと思いますけど、ポワリエがそれを戦略としてくるとは思ってなかった節がある。」

——カーフキックを軸にした戦略でくるとは予想していなかった、と。
「というのも、試合開始15秒くらいのところで、ポワリエが1回カーフキックを出しているんですよ。その時は、おそらくマクレガーの反応をうかがうように、様子見で蹴ったような感じだった。そして1ラウンド残り38秒のところで、今度はけっこう強く蹴っているんです。これは頭からカーフで組み立てようという戦略がないと、できない動きだと思うので。」

――マクレガーも最初はカーフキックをスネで受けて、カットができていたのが、途中からもろにもらうようになってしまいました。あれはどういった理由が考えられますか?
「ひとつはポワリエが、『意識づけ』としてインローを蹴ったんですよ。インローを蹴られたことでマクレガーが脚を内側に向けるようになると、ポワリエはしっかりとカーフを蹴ることができる。だから、これも戦略ですよね。
また、1ラウンドはマクレガーがパンチで押して優勢だったじゃないですか。それによってマクレガーは『パンチでいける』と思ったからこそ、前重心で強いパンチを打っていきましたよね。でも、重心が前脚にあるというのは、相手からするとカーフキックを蹴れる状態でもある。そこが狙われたんだと思います。」

――なるほど。1ラウンド打撃で優勢だったことで、逆にカーフの餌食になりやすい状態になってしまった、と。
「その辺が、勝負の『アヤ』なんですよ。1ラウンドが終わった時点で、マクレガーは『パンチでいける』と思っただろうし、ポワリエの方も、1ラウンドは劣勢ながらも『これはカーフキックが当たるな』って、認識したと思うんですよね。だからこそ、2ラウンドはどんどんカーフを蹴っていって、5発目でマクレガーが崩れたところにパンチをラッシュして結果的にKOで倒すことができたんだと思います。戦略の勝利ですね。」

――とはいえ、マクレガーの動きも決して悪くなかったです。
「かなり仕上がりは良かったと思いますよ。おそらくマクレガーの方は、まずテイクダウンされないことを考えて、もし倒されてもすぐに立ってスタンドに戻す、それを繰り返すことで、テイクダウンにきたポワリエの体力を削っていこうという頭があったんじゃないかと思うんですよね。1ラウンドのところで、倒されてから立ち上がるまでの動きがすごくよくなっていたので、相当練習してきたことがうかがえました。」

――マクレガーは、ハビブ・ヌルマゴメドフやネート・ディアスに寝技で敗れていますけど、自分の弱点を克服して、テイクダウンディフェンスを強化することで、逆にテイクダウンの攻防でポワリエの体力を削っていこうとしていたんじゃないか、と。
「マクレガーは明らかにフィジカルが強くなっていましたからね。四つに組んだ状態でケージレスリングの攻防もけっこう長い時間やっていたんですけど、それは組んで削っていこうという戦略の現れだったと自分は思います。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧