ライトヘビー級王座をかけて、新鋭ストライカーと大ベテラン・グラップラーが激突!髙阪剛が展開予想『UFC283』は「異種格闘技的な面白い試合になる」

タグ: , , , , , 2023/1/19

(写真左より)グローヴァー・テイシェイラ、ジャマール・ヒル/Getty Images

 日本時間の1月22日(日)、ブラジル・リオデジャネイロのジュネス・アリーナで『UFC283』が行われる。メインイベントは、昨年12月11日の『UFC282』で行われたヤン・ブラホビッチvsマゴメド・アンカラエフのライトヘビー級王座決定戦がドローに終わったため、グローヴァー・テイシェイラvsジャマール・ヒルで王座決定戦を行うこととなった。この試合の見どころを“世界のTK”こと髙阪剛氏に語ってもらった。

【関連記事】階級転向の井上尚弥に立ちはだかる「5人の刺客」を米メディアが紹介!フルトン、アフマダリエフ、ネリ等との対戦熱望の声





グローヴァー・テイシェイラ/Getty Images

――『UFC283』のメインイベントは、前回ブラホビッチvsアンカラエフのライトヘビー級王座決定戦がドローに終わったことで、2大会連続、別カードであらためて王座決定戦が行われることとなりました。
「これは前代未聞ですよね。テイシェイラのほうは、もともと前王者のイリー・プロハースカが肩のケガで王座返上しなければ12月にタイトル挑戦の予定だったので、ある程度の準備はできていたんでしょうけど、ジャマール・ヒルもそういう話があったんですかね?」

――ヒルの方は、ブラホビッチvsアンカラエフの判定がドローになった直後にUFCから電話がかかってきたらしいです。だからこそ『UFC282』試合後の記者会見で、すぐテイシェイラvsヒルが発表されたという。
「なるほど。突然、ビッグチャンスが転がり込んできたので、ジャマール・ヒルも“やるしかねえぞ”ってことで、敵地ブラジルに乗り込む決意をしたわけですね」

――ヒルは昨年2月にジョニー・ウォーカーを1ラウンドでKOした時から、タイトルマッチをアピールしていたので、チャンスを待っていたんでしょうね。
「そういう意味では今回ジャマール・ヒルは相当高いモチベーションで臨んでくるじゃないかと思うし、すごくいい状態のパフォーマンスを試合で出してくると思うんですよ。となるとこれ、テイシェイラはやばいかもしれないですね」

——元王者のテイシェイラ危うし、と。
「それはモチベーションの高さだけじゃなくて、過去の試合映像を観るかぎり、ヒルはテイシェイラの試合づくりにまったく付き合ってくれなさそうなんですよ。ヒルは試合展開もとにかくスタンドでKOすることを重視して進めているフシがあって、グラウンドにならないようにするための努力をものすごくやってると思うんですよ。例えがちょっと違うかもしれないですけど、RIZINで平本(蓮)くんがドミネーター(弥益ドミネーター聡志)とやったとき、グラウンドに付き合わないどころか打撃のプレッシャーの掛け方からすべて、グラウンドにいかせないための戦い方をしていました。ジャマール・ヒルもそういったスタイルが自分の中で完成しつつあるんじゃないかと思うんですよね」

——ヒルは現在3連続KO勝利中ですけど、とにかく自分の得意なスタンドで戦うことを徹底した結果なわけですね。
「前回、組みが強いティアゴ・サントスと対戦したときはテイクダウンを取られることも何度かあったんですけど、立つ動きが早いんですね。倒されてもマットに背中は付けず、すぐスタンドに戻すし、戻してからの打撃への移行も速いので、これはグラウンドのやり取りを一切やらずに、スタンドだけで勝負しようとしているあらわれですよね。そしてこういう戦いをするようになったのは、ポール・クレイグに敗れた反省というのもあると思うんですよ」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧