チャンピオン争い中のフェルスタッペンとハミルトンが「相打ち事故」で両者リタイア 九死に一生を得たのは〇〇のおかげ?!

タグ: , 2021/9/13

 12日に行われたF1第14戦イタリアGPでチャンピオン争いを演じているレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)とメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が「相打ち」の接触事故に見舞われ、両者リタイアとなった。

 フェルスタッペンのマシンがハミルトンの運転席近くに乗り上げるという派手な事故で、一歩間違えれば、ハミルトンの頭部をタイヤが直撃していたところ。運転席を覆う保護デバイス「ハロ」に守られたおかげで一大事に至らず、改めて「ハロ」による車両の安全性にスポットライトが当たった一戦にもなった。

接触事故を起こしてサンドトラップに突き刺さるマックス・フェルスタッペンのマシン(右)とルイス・ハミルトンのマシン(ダイムラー提供)

・今すぐ読みたい→
実は意外に多い!? 五輪・パラリンピックに出場した「元F1ドライバー」たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/former-f1-driver-participated-in-the-olympics/



 「本当に運が良かった。ハロをもたらしてくれた神に感謝したい。最終的に僕を救ってくれた。分かるかい? 僕の首を守ってくれたんだ」。九死に一生を得たハミルトンはレース後の現地メディアの取材に答えた。

 事故はレース中盤の26周目の第1シケインで発生した。タイヤ交換を終えてピットアウトしたハミルトンに対し、ホームストレートを駆け抜けてきたフェルスタッペンがシケイン入り口のターン1でアウトから並びかけ、シケイン出口手前で接触した。

 F1マシンはタイヤがむき出しとなっており、接触事故が起きた時に何らかの衝撃が加わって、相手のタイヤに乗り上げることがある。今回もフェルスタッペンがシケイン出口の内側に設けられていたかまぼこ形の縁石を踏んで車体が浮き上がり、ハミルトンのマシンに覆い被さる形となった。実際の衝撃度も大きく、ハミルトンの運転席の後方上部にあるエアインテークが破壊されており、ハロが取り付けられていなかった場合はフェルスタッペンの右後輪がハミルトンのヘルメットを直撃していた可能性もある。





 ハロは2018年に装着が義務づけられた。下駄の鼻緒のようなデザインで3本の柱で構成され、素材は軽量で高い強度のあるチタン合金。「ロンドンの2階建てバスが乗っても大丈夫」「アフリカ象2頭に踏まれても壊れない」という触れ込みで、12トンの荷重に耐えられる設計となっている。英語圏ではヘイローとも呼ばれるが、もともと聖像などの頭部を囲む後光や光輪を意味する単語。いわゆる「天使の輪」のことだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧