石原夜叉坊「負けたら引退すると決めている」 UFC234への覚悟を語る

タグ: , 2019/2/4

 2月10日(日)オーストラリア・メルボルンのロッド・レーバー アリーナで開催される『UFC234』で、石原夜叉坊が韓国のカン・ギョンホと対戦する。

2015年にUFCと正式契約後、2連続KO勝利で最高の滑り出しを見せた夜叉坊だったが、ここ5試合は1勝4敗と負けが先行。現在2連敗中と苦しい立場に立たされている。そんな負けられない一戦を前にした夜叉坊に、カン・ギョンホ戦への意気込みと、覚悟のほどを聞いてみた。

写真:WOWOW

・合わせて読みたい→
相手の動きを読むには?観客の声は? 松田宣浩、堀口恭司、山田恵里 アスリート座談会2(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/athlete-talk-discussion-02/)


――『UFC234』のカン・ギョンホ戦まで2週間を切りましたが、コンディションはいかがですか?
石原)最高ですね。この2年、苦しい思いもしてきて、自分の強い部分も弱い部分もあらためて知りましたし、どこで自分が勝負できるかもわかりました。いい練習もできていますよ。

――石原選手は2年半前からアメリカに拠点を移しユライア・フェイバー率いる「チーム・アルファメール」で練習してきましたよね。それが今回、日本でトレーニングキャンプを張ろうと決めた理由はなんでしょうか?
石原)アメリカにひとりで渡ってやっているときは、「俺がやらなアカン」と思いすぎて、視野が狭くなっていたんです。それが知らないうちにストレスになっていって、いっぱいいっぱいになっていたこともありました。それが、日本に帰ってきたら、僕のことを昔からよくわかってくれてる仲間が、練習中に日本語で「力抜けよ」「一呼吸置けよ」って言ってくるんです。そのひと言ひと言が、自分の心に大きな余裕を作ってくれました。何より、自分の育った国の言葉で追い込めて、コミュニケーションも取れているので、身体より心のケアができているんです。そのおかけで今はすごく調子がいいですね!

――仲間たちが、試合に向けた心を作ってくれているわけですか。
石原)はい。みんなが仕上げに協力してくれてます。だから今の僕、強いですよ、ホントに。

写真:Getty Images

――では、昨年6月にピョートル・ヤンに敗れて以降、取り組んできたことは、技術的なことよりメンタル中心ですか?
石原)ほとんどメンタルですね。心のケアとモチベーションバック。実際、心が充実してきたら、これまでできなかったことが、できたりするようにもなりました。やっぱり、心技体ですね。心に豊かさがないと、自分の可能性すら止めてしまう。今は心がケアできたからこそ、闘いにも戻ってこれたと思ってます。

――ピョートル・ヤン戦のあとは、「自分を信じきれなかった」というコメントもありました。
石原)信じきれなかったですし、自分と向き合えてもなかったですね。一生懸命やってきたんですが、ただ一生懸命やってた「だけ」という感じで……。アメリカに行って、すごくいい環境で、毎日全力を出しきるっていう練習ができていたけれど、心のどこかでストレス感じてて、自分の世界が小さくなってた。だから前回、初めてKO負けしたあと、思い切って5ヶ月間格闘技から離れたんですよ。その間、必死で遊びまくりました。そうしたら心に余裕ができて、見えなかったものも見えてきた。連敗したあとに遊んでる僕を見て、「夜叉坊、なにやっとんねん。あいつ終わったな」と思った人もいるかも知れないですが、僕はなりたい自分になるために、必要な過程だったと思っています。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧