【7人制ラグビー】藤田慶和が金星まであと一歩のフィジー戦を振り返る「『あ、これいけるな』というのは感じたが・・・」

タグ: , , , , 2021/8/16

 東京五輪が閉幕してから早1週間。今大会も様々な感動やドラマがあり、閉幕した今もなお、その余韻は続いている。

そんな中、7人制ラグビー日本代表の藤田慶和は、自身のYouTubeチャンネルを更新し、今大会出場を改めて振り返った。


前回のリオ五輪では、直前でバックアップメンバーとなり悔しい思いをした藤田。そこから5年、悲願の五輪舞台に立ちプレーを終えた今、藤田はどのような思いでいるのだろうか。

「オリンピックという舞台は、すごい楽しかったし、めちゃくちゃ輝いていたかなという感じでした。この5年間色々あり、最後の1年はコロナで気持ちを作る面でも大変なことがありました。そしてここだけの話、この1年間怪我がすごくあって、結構怪我との戦いみたいな感じでしたね。ほぼ1年間試合をやっていなかった状態でのセレクションだったので、自分の中では不安との戦いの1年でした。ただ、そこを乗り越えてオリンピックに行けたということは、自分の中で少し自信になっているのかなと思います」

今大会、日本代表は全5試合を戦い1勝4敗の11位。厳しい結果とはなった中で、予選リーグでは前回王者・フィジー相手に一時はリードを奪うなど、金星まであと一歩のところまでせまった。





大会前、初戦で波に乗れるかがカギと語っていたほど、このフィジー戦を重要視していた藤田は、改めてあの激闘をこう振り返る。

「オリンピックで波に乗れるかは初戦にかかっていると思っていて、初戦のフィジー戦、世界一の国に勝って波に乗っていきたいなと思っていました。最終的には、もう少しで金星を取れたかなというのはありました。ただ、そこで勝ち切れなかったのは今の日本の実力かなという感じです。
前半を勝ち越しで折り返し、後半の一発目のキックオフ、僕もいいところに蹴れたしそこから副島選手がキャッチしてノーホイッスルでトライを決めたシーンがあったんですが、あそこらへんから『あ、これいけるな』というのは感じてました。ただ、ボールが相手に渡ったトランジション(攻守が切り替わる状況)のところで差を見せつけられた感はありましたね」

【画像】ラグビー・藤田慶和とバスケ・八村塁の貴重2ショット!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧