【7人制男子ラグビー】「自分のため」から「誰かのため」に。人生最大の挫折を乗り越え掴んだ藤田慶和の五輪舞台

タグ: , , , , 2021/7/28

 東京五輪男子7人制ラグビー11位12位決定戦が行われ、日本は韓国と対戦。31-19で勝利し、今大会最後の試合を締めくくった。

・今すぐ読みたい→
セブンズ代表候補・藤田慶和が抱く五輪への思い「セブンズを文化として根付かせたい」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshikazufujita-tokyo-olympics/



前回のリオ五輪では4位だった日本が今大会目指したのはメダル獲得。だが、予選リーグで全敗を喫し、決勝トーナメントには進めず、掲げていた目標には届かなかった。

それでも、最後まで全力で戦いをまっとうし、東京五輪という舞台を戦い抜いた。

新型コロナウイルスの影響で、1年延期となった今大会。開催が危ぶまれる中で、戦いの準備を進める形となった。

「オリンピックが開催されるかという不安はあった。でもそこを気にしても、自分がコントロール出来ないことは、考えても一緒だなと思った。開催されるということが前提で準備をすることが大切だと思ったので、それに向けて準備してきた」

こう語るのは、5年前のリオ五輪で悔しい思いをしている藤田慶和だ。





藤田はリオ五輪開幕直前に代表メンバーから外れ、バックアップメンバーに。自身のこれまでの人生における「最大の挫折」とも語ってきた。

その悔しさ故に、自分の感情を優先し、不貞腐れた態度をチームの前でとってしまったこともあった。それでも東京五輪出場に向けて、再び前を向き歩み始めた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧