【対談】中野友加里×安藤美姫、今後の夢は「自分のリンクを持ち、100%選手の為にいてあげられるコーチに」

タグ: , , 2021/2/1

 フィギュアスケート女子元日本代表の中野友加里さんが、フィギュアスケートを様々な角度からお届けするYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」。

年明けよりお届けしている、元世界女王・安藤美姫さんとのコラボ動画。最終回となる第6弾では、振付師として活動している安藤さんの現在、そして、自身が思い描く今後の夢について語られた。

・今すぐ読みたい→
中野友加里×安藤美姫、知られざる2人の食生活とは!? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-mikiando/

楽しい中にも責任感を持っている


現役引退後、現在はアドバイザー、振付師としてフィギュアスケートに携わっている安藤さん。自身は「想像力がない」と話す中野さんが、「振り付けは楽しいか?」と尋ねると、安藤さんはこう答えている。

「振り付けは、最初やりたくなかったんです。初めて声をかけてくれたのが、大庭雅選手でした。彼女は門奈裕子先生の門下生でずっとやっていたんですが、依頼された年は、大庭選手が引退を考え始めた年だったみたいなんです。ショートプログラムの曲を『ミッション』で考えていたそうなんですが・・・。『安藤美姫 ショート ミッション』って結構第表作の一つで、『同じ曲で美姫ちゃんに振り付けしてもらいたい』と言われたんですが、最初は断ったんです。自分には才能ないし、コーチにはなりたいけど、振付師は本当に無理だからと。」

と、振付師として活動し始めた当初を振り返る安藤さん。だが、

「大庭選手も、全日本選手権とか国際大会に出場している選手なので、そんな責任は負えないと思いました。門奈先生も、最初は反対していたみたいなんですが、大庭選手が、『お願い』ってずっと言ってくれていて・・・。じゃあやってみようかと言って始めたのが、振付師を始めたきっかけなんです。」

と、自身を憧れだと言ってくれた選手の振り付けをきっかけに、次第に楽しくなっていったという。





「色々考えるのとか好きですし、今は選曲のお手伝いとかもしています。楽しい中にも責任感を持ちながら選手とは接していますね。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【浅倉カンナ選手】第2弾キャラクターフェイスタオル

浅倉カンナ選手のキャラクターフェイスタオル第2弾の発売が決定いたしました! 浅倉選手のキュートなキャラクターがあしらわれたデザインとなっています。 こちらは期間限定の受注生産販売です。 是非ご購入頂き、3/21のタイトルマッチへ向け皆さんでエールを送りましょう!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧