オリックス 頓宮離脱ショックも しっかり穴を埋めることが期待される「選手の名前」

タグ: , , , , 2023/9/23

中嶋監督がいかにチームをたばねていくかも注目となりそうだ(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

 リーグ3連覇を果たしたばかりのオリックスに衝撃が走った。

 球団は9月23日、頓宮裕真捕手が「左第4中足骨疲労骨折」していたと発表。レギュラーシーズンの復帰は厳しく来月18日から始まるCS最終ステージの復帰を目指すことになりそうだ。

【動画】オリックスは3回の若月の逆転適時打など、6得点でソフトバンクに快勝した





 頓宮は今季がプロ5年目、ここまで113試合に出場し、打率.307、16本塁打、49打点。特に今季は打撃面で大きく飛躍を果たし、現在、首位打者争いを行うなど、吉田正尚が抜けた中、打線をけん引した一人だった。

 また、投手陣では山下舜平大投手が「第3腰椎分離症」の診断を受けたと同じく球団が発表した。山下は期待の新星。今季は開幕投手に抜擢されると前半戦を中心に9勝3敗、防御率1.61の成績を残していた。

 投打で大きな役割を果たした2人の離脱でチームへの影響が心配される一方で、チームは9月23日に行われたソフトバンク戦(ペイペイドーム)に6-1と大勝、5連勝をマーク、大台の80勝に到達した。

 3回二死満塁の好機に2点適時打を放った若月健矢の活躍、また光ったのは「4番・一塁」で先発出場した、Tー岡田の働きにもあった。1点をリードした4回の攻撃、一死満塁で迎えた打席できっちりとライトへ犠飛を放ち、役割を果たした。7回の打席で代打を送られて交代となったが、Tー岡田は優勝が決まった20日の試合でも「7番・一塁」でスタメン出場すると、7回の打者一巡の猛攻のときにしっかり四球を選んで、チームに貢献していた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧