高木豊氏がセ・パの新人王を大予想!「架空の俺のチームがあったらほしいなぁ」高木氏も惚れ込む「逸材」とは!?

タグ: , , , 2022/9/28

 今季の新人王争いについて、現役時代、横浜ベイスターズなどで活躍し、盗塁王やゴールデン・グラブ賞、ベストナインなどのタイトルを獲得、引退後もアテネオリンピック日本代表や、横浜でコーチを歴任してきた野球解説者の高木豊氏が、自身のYouTubeチャンネルで語った。

 プロ野球のシーズンも終盤に差し掛かって来たことで、優勝争いが激化する一方で選手たちの個人タイトル争いにも拍車がかかっている。その中でも、毎年話題に上がる新人王争いが今年も白熱しているようだ。

【関連記事】新庄ハム あるか「電撃辞任」 ささやかれる「確執」と「諸刃の刃」






 新人王の資格は、支配下登録から5年以内が原則。さらに投手は前年までに一軍公式戦で投球回数が30イニング以内、打者は一軍の打席数が前年までに60打席以内というルールだ。

 その資格を持つ多くのルーキーたちが今年も活躍を見せた。特に熾烈なタイトル争いを繰り広げているのがセ・リーグ。高木氏は、候補として中日・高橋宏斗投手、ヤクルト・長岡内野手、木澤投手、巨人・大勢投手、阪神・湯浅投手の5選手の名前を挙げた。

(成績はすべて9月25日時点)

 ここまで18試合に登板し、6勝6敗、防御率2・26の中日・高橋宏斗に関しては、「普通に考えたら2桁勝利に王手かけててもいいくらいの投手。10勝していたら、彼がとるかなってくらい」と今季はプロ2年目にして成長に目を見張るものがあるとし、内容的には1番だと評価。

 ヤクルト・長岡は、今季は133試合に出場し、打率.244、119安打、8本塁打の成績を残した。プロ3年目にして遊撃のポジションを獲得、リーグ連覇に貢献した。野手でただ一人候補に挙がってきたことを評価。「シーズン通して凄く成長した。ヤクルトの守りのかなめは長岡」と、現役時代ゴールデン・グラブ賞を獲得した高木氏の目から見ても、長岡の守備は著しく成長したようだ。さらに同じヤクルトからは54試合に登板し、中継ぎとして8勝3敗、防御率3.03のヤクルト・木澤についても「目立たないけど8勝していて勝ち運のある投手で捨てがたい」と評価した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧