一石三鳥の健康法!?痩せ体質を作る「腸活」とは?

タグ: , 2021/5/22

[文:あんしん漢方]

「食事コントロールをしているのに体重が変わらない」

と悩んでいませんか?

その痩せない理由は、「腸」にあるかもしれません。

いくらダイエットを頑張っていても、腸の調子が良くなければあまり効果を得られない可能性があります。

この記事では腸活とダイエットの関係性や、腸活にいい食べものと習慣をご紹介します。

痩せ体質を作るためには、腸活はとても効果的です。「腸活を制するものはダイエットを制す」といっても過言ではないほど。

手軽にできる腸活を習慣化して、内側からスッキリボディを目指しましょう。

・今すぐ読みたい→
認知症は発症するずっと前からの「生活習慣の積み重ね」が関係する? https://cocokara-next.com/fitness/accumulation-of-lifestyle/

1.「腸活」とは?


では「腸活」とは、一体どのようなものなのでしょうか。

腸活の内容と、ダイエットとの関係性もあわせてご紹介します。

 
1-1.腸活って何?
腸活とは、簡単にいうと「腸内環境を整えること」です。
具体的には、腸内にいる菌(善玉菌・悪玉菌・日和見菌)の中で「善玉菌」が優勢になる環境をつくること。

腸活は美肌・アンチエイジング効果や免疫力アップ効果も期待できるとのことで、老若男女問わず注目されている健康法です。

1-2.腸活とダイエットの関係性
腸活は健康効果が期待できることはもちろん、ダイエットにもいい効果をもたらすと考えられています。
その理由を3つご紹介します。

・消化吸収をスムーズにする
腸は、栄養素をからだに取り入れる重要な器官です。
そのため、腸にトラブルがあると、バランスの良い食事を摂ったとしてもうまく吸収されないといわれています。

吸収がうまくいかないことで、からだに必要な栄養が届かず、代謝が下がる可能性があり、これがダイエットを妨げる要因になると考えらえられます。

・便秘が解消する
腸には、有害なものを便として排出する働きがあります。
しかし、さまざまな理由で便秘になると腸内に老廃物がたまり、「腸内の悪玉菌が増える→腸内環境悪化→消化吸収が悪くなる→代謝が下がる」という悪循環に陥りやすくなってしまうといわれます。

腸活をして善玉菌優勢になることで、便の排出がスムーズになり、腸内環境のいい循環が期待できます。





・善玉菌が短鎖脂肪酸を作る
短鎖脂肪酸は、脂肪を積極的に消費する働きがあると考えられています。
善玉菌はこの短鎖脂肪酸を生み出すため、善玉菌優勢の腸内には短鎖脂肪酸が多く存在し、太りにくくなるとされています。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧