頑張りすぎNG!間違った有酸素運動では痩せないってホント??

タグ: , , 2021/5/27

[文:あんしん漢方]

「有酸素運動(ランニングやサイクリング)を続けているけれど、なかなか痩せられない」

このようなお悩みをお持ちの方は、もしかすると有酸素運動のやり方が間違っているのかもしれません。有酸素運動には正しい方法があり、間違ったやり方で行うとダイエット効果は半減してしまうといわれています。

・今すぐ読みたい→
お腹まわりの脂肪を何とかしたい!効果的な運動2つ https://cocokara-next.com/fitness/exercise-to-lose-weight/

1.有酸素運動とは?


運動は大きく2つに分けることができます。

1つ目は有酸素運動。軽~中程度の負荷を継続的にかける運動のことで、ジョギングやウォーキング、水泳などです。酸素をエネルギー源とし、20分以上継続することで脂肪燃焼効果が期待できるといわれています。

2つ目は無酸動運動。短時間に強度の高い運動をすることで、筋トレや短距離走などです。

酸素を使わずに糖をエネルギー源として利用し、筋肉を動かすためのエネルギー作り出すことから無酸素運動と呼ばれています。

どちらの運動も正しくおこなえばダイエット効果は期待できますが、間違った方法ではその効果は半減してしまいます。今回は有酸素運動について詳しくご説明します。





2.体重を落としたいなら有酸素運動!だけど…

体重を落とすのなら有酸素運動が適しているとされています。ダイエットを目標に意気込んで、自分を追い込んでいる方も多いでしょう。しかし、激しい有酸素運動は禁物です。

2-1.激しい有酸素運動は脂肪が燃焼されない
有酸素運動は、十分な酸素を使って行われます。つまり、しっかり呼吸ができる運動ということになります。

「ゼェゼェ、ハァハァ」と息切れを起こすような運動は、有酸素運動ではなく無酸素運動になってしまいます。

2-2.激しい有酸素運動は筋肉も落ちる
激しい有酸素運動は、筋肉量も落としてしまうといわれています。筋肉量が低下してしまうと、基礎代謝が落ちて痩せにくいからだに…。

基礎代謝とは、ヒトが生活するうえで最低限必要なエネルギー消費量のことです。普段の生活の代謝が落ちてしまうと、なかなかダイエットが成功しないからだになってしまうので注意しましょう。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧