思わぬところに健康被害が及んでしまう高齢者の方に「おすすめの運動」

タグ: , , 2020/9/1

[文:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]

生活・健康弱者の高齢者


 先日開かれた東京都の会見で、小池都知事は今年の夏を「特別な夏」と連呼していました。

コロナ禍によってお盆時期の人の移動を控えることを呼び掛けていました。

新型コロナ感染拡大への危惧,梅雨の長雨や日照不足,経験したことのないような連続した集中豪雨,梅雨明け後、体温を超えるような気温の上昇・・・、確かに特別な夏です。

高齢になると喪失するものが増えてしまいます。肉体的・精神的・社会的フレイルに付け込んだ心配ごとが多すぎます。戸外活動が減る一方で健康二次被害も懸念されます。それをまともに受けるのは健康弱者の高齢者(「齢人」=「よわいびと」)です。泣きっ面に蜂、弱り目に祟り目です。

外出する機会がなくなって「歩く」動作も減る。すると歩行で踏み出す際に足のつま先に掛かる力、地面が足指を押し返す圧力(抵抗力)を受けることもなくなって、爪が平らに伸びず「巻き爪」になってしまうケースが多いという。(※1)「巻き爪」や「陥入爪」は外反母趾になる原因と同じ、つま先の細いハイヒールにあり、若い女性に多い状態と思っていたので意外でした。

・今すぐ読みたい→
お掃除を柔軟運動や筋トレに代えちゃいましょう! https://cocokara-next.com/fitness/change-cleaning-into-muscle-training/





又、中年層の方々で最近からだが重いと感じたことはありませんか?

運動不足になって消費カロリーが減った割りには食生活は変わらない。逆にストレスによる過食に走る人もいるでしょう。体重増加が原因で、からだが重いと感じるのは理解できます。けど体重がそれほど変わらないのにからだを動かすことが辛くなるのは、筋肉量が減るために起こる場合もあります。日本代表を目指すアスリートたちは、その変化が顕著に表れるとテレビで見たことがあります。運動強度を調整しながらでもからだを動かすことを継続していかないと筋肉が劣ってしまう。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧