世界的な成功者から学ぶ、朝早く起きるメリットとは?

タグ: , 2023/12/3

 昔から「早起きは三文の徳」といわれるように、早起きにはたくさんのメリットがあります。世界的な成功者も早起きを実践しているのだとか。早起きが良いとされる理由と習慣化するコツをご紹介します。

【関連記事】突然の痛みで叩き起こされる…「夜中のこむら返り」のシグナルとは





■成功者の多くは早起きを好む

世界の名だたる成功者の多くは、早起きを実践していることがわかっています。たとえば、アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズ氏は毎朝6時に起きて、子どもたちが目覚めるまでの時間を大切にしていました。

ジョブズ氏の後継者であるティム・クック氏に至っては、毎朝3時45分に起床しているいうから驚きです。すぐに大量に届くメールをチェックし、その大半を読み終えると午前5時ごろにはジムで汗を流します。

また、スターバックスのCEOハワード・ シュルツ氏も、早起きの実践者として有名です。シュルツ氏は朝4時半に起きてエクササイズや家族との朝食を楽しんだあと、出社前にひと仕事済ませてしまうといいます。

そのほか、アメリカのトランプ元大統領やTwitterの創業者ジャック・ドーシー氏、作家の村上春樹氏など、例を挙げればきりがありません。早起きをしたから成功したのか、成功したから早起きができるのか定かではないですが、「成功」と「早起き」には何らかの因果関係がありそうです。

「フィットネス」新着記事

  • フットネス

    若い世代でも要注意の「高血圧」

    2024.02.21 フットネス
  • フットネス

    脳疲労の原因と改善方法

    2024.02.21 フットネス
  • フットネス

    量と質、どちらが大事?睡眠の極意

    2024.02.21 フットネス
『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧