マイナス15kgに成功。管理栄養士が実践したダイエット法

タグ: , , 2022/5/27

 管理栄養士としてジムのお客様に食事指導をしている野澤祥さん。

現在は、スレンダーな体型の野澤さんですが、約6カ月で15kgものダイエットに成功した過去があるそう。いったい、どんな方法で体重を減らし、ベストな状態をキープしているのか。ココカラネクストでは、野澤さんが実践したダイエット法を聞きました。

【関連記事】「こむら返り」は体からの危険信号

学生あるある。部活引退後に体重が激増

「高校生まで、フィールドホッケーをしていました。引退後、運動量は変わったのに、食べる量は変わらないという生活を送ってしまい…(笑)。気づいたら15kgも体重が増加。もともと栄養や健康にも興味があって進学し、管理栄養士を目指す、栄養について教える立場になろうとしているのに、太ってしまったんです。ぽっちゃりしたという外見の変化だけでなく、カラダが重さを感じ、ここぞという時にすっと動けないという状態でした。」と、当時の様子を振り返る野澤さん。

経験者が語る!ダイエットを成功に導いた3つのポイント

学生生活を送りながらのダイエットは、誘惑も多く、ストレスもあったはず。勉強も遊びも楽しみながら、どのように体重を減らしていったのか。野澤さんが取り組んだことを詳しく紹介します。

【Point 1】運動は日常に取り入れる
時間をつくって走ったりもしましたが、一番は「移動を運動に変える」こと。三日坊主にならないためにも、生活の中でできる運動として、家と学校やバイト先への移動はとにかく歩く。1日でトータル2~3時間は歩いていました。

【Point 2】量より質、カラダに合うものを摂取する
「糖質よりも脂質で太るタイプ」なので調理法を工夫して脂質量を減らし、アマニ油やオリーブオイルなどを質にこだわって摂取するようにしました。また、飲物は、ジュースではなく、水やお茶を選び糖分は極力控えるようにしました。

【Point 3】ご褒美デーを設ける
ラーメンやうどんなどの麺類・甘い物は「週1回OK」と自分ルールを設定しました。

「頑張れる日・頑張れない日があるので、ちょっと難しいなと思ったときは自分を甘やかす。それぐらいの余裕を持ちながらカラダと向き合いました。15kg減という目標を設定しましたが、決して無理はしない、頑張りすぎないと、できるだけストレスを溜めないようにもしました。今も1~2kgの体重増減はありますが、ベスト体重をキープできています。」と野澤さん。

一気に体重を減らそう!ではなく、徐々に体重を減らそうと思い取り組んだそう。リバウンド防止のためにも、カラダとココロへの負担が少ない方法を選ぶのが、ダイエット成功の秘訣かもしれません。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧