マンネリ解消!お悩み別で選ぶ冷やし麺の「めんつゆアレンジ」3選

タグ: , , , 2022/7/6

 夏は、そうめん・うどん・そばなど、冷やし麺を食べる機会が増えますよね。でも、いつもめんつゆで食べていると飽きてしまいがち。そこで、旬の素材をちょい足ししたアレンジめんつゆを3つご紹介します。美肌効果やダイエット効果など、欲しいメリットで選んでみましょう。

【関連記事】「夏バテしたらスタミナつけるは間違い!?」医師が教える本当に有効な「夏バテ」対策とは

ちょい足しで簡単!お悩み別アレンジめんつゆ3選

1.美肌のためにカラダの中から紫外線ケア!「トマトめんつゆ」
《材料 1人分 53kcal》
めんつゆ(ストレート) 50ml
トマト 1/2個
オリーブオイル 小さじ1/3

《作り方》
1.皮つきのまま、トマトをすりおろす。
2.めんつゆにすりおろしたトマトを加え、オリーブオイルをたらせばできあがり。

《このアレンジめんつゆのポイント》
さっぱりとしたイタリアン風味のトマトめんつゆは、そうめん・うどんによく合います。
トマトに含まれる赤い色のもと「リコピン」には、紫外線によるメラニンの生成を抑えてシミを防ぐ効果があります。リコピンは油にとけやすい性質があるので、少量のオリーブオイルを加えることで吸収率がアップします。

また、旬の8月にとれたトマトのリコピン含有量は、2月にとれたものの3倍にもなることが分かっています。(※1)夏の紫外線対策をするなら、積極的に食べたいアレンジめんつゆです。





2.ダイエットを後押し!「きゅうりめんつゆ」
《材料 1人分 41kcal》
めんつゆ(ストレート) 50ml
きゅうり 1/4本
ごま油 小さじ1/3

《作り方》
1.皮付きのまま、きゅうりをすりおろす。
2.めんつゆに、すりおろしたきゅうりを加え、ごま油をたらせばできあがり。

《このアレンジめんつゆのポイント》
きゅうりめんつゆは、中華風の味わいで、そうめん・うどん・中華麺にマッチします。きゅうりが麺に絡んでボリュームが増すので、満足感を得やすいのが特徴です。

ダイエット効果を期待するなら、きゅうりをすりおろすことが大切。というのは、すりおろして細胞膜を壊すことで、脂肪を分解する酵素「ホスホリパーゼ(※2)」が細胞の外に出て、効率よくとれるようになるからです。さらに、酵素は時間がたつと効果が失われていくので、食べる直前にきゅうりをすりおろしてくださいね。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧