辛いつわりを乗り切るには?気をつけたいポイントと補いたい栄養素

タグ: , , , 2024/5/10

「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

 つわりの症状や程度はさまざまですが、つわりの辛さに悩む方も多くいらっしゃるでしょう。つわりが辛いときは、どのように乗り切るのが良いのでしょうか?つわりを乗り切るポイントや、つわりの時期でも補いたい栄養素について解説します。

【関連記事】妊娠中に必要な栄養素No.1!牛乳嫌いでもカルシウムを補うコツ





つわりの原因はわかっていない

つわりの原因は、妊娠初期の急激なホルモン変化による影響などと言われていますが、原因ははっきりとわかっていません。

一般的には妊娠がわかる5~6週頃からつわりがみられるようなり、妊娠12~16週頃には落ち着く場合が多いようです。

つわりは食欲不振、吐き気、おう吐などさまざまな症状があり、中には食事をとれずに体重が減ってしまう方もいるでしょう。体重が著しく減る(5%以上)場合や、食事や水分が十分にとれない場合は早めに医療機関に相談しましょう。

つわりを乗り切るポイント

辛いつわりは落ち着くまで時間が過ぎるのを待つばかりですが、つわりで食べられない方のために、乗り切るためのポイントをいくつかお伝えします。

水分はしっかりとる
吐き気やおう吐がある場合に注意したいのが脱水です。においの気になりにくい水やお茶、またはさっぱりと飲める果物ジュース、スポーツドリンクなど、飲みやすいものを選んでこまめに水分補給をしましょう。

食事がとれない場合やおう吐がある場合は、経口補水液を使うのも手です。経口補水液はナトリウムなどの失われやすいミネラルが補給でき、さらにカラダに吸収されやすいように工夫されています。

食事をとれないことは気にし過ぎないこと
「赤ちゃんのために食事をとらないと」と不安になる方もいるでしょう。食事のバランスはつわりが落ち着いてから整えるようにし、つわりが辛い時期は食べられるものを無理なく食べるようにしましょう。

ただし、つわり中でも葉酸は注意して取り入れたい栄養素です。こちらは後ほど詳しく説明します。

食べやすいものを見つける
つわり中の食べやすいものは人それぞれですが、一般的に食べやすいといわれる食べ物をいくつかご紹介します。

・エネルギー源になる主食…お粥、うどん、食パンなど
・冷たくさっぱり食べられる…ゼリー、シャーベット、アイスクリームなど
・食べやすく栄養補給にもなる…ヨーグルト、豆腐、卵豆腐、茶碗蒸しなど
・消化の負担になりにくいたんぱく源…鶏ささみ、豚もも肉、豆腐、卵料理など
・あっさりと食べられる野菜や果物…トマト、きゅうり、オレンジ、キウイフルーツ、バナナ、りんごなど

つわり中は買い物も一苦労です。食べたいときに食べられるよう、まとめ買いして常備しておくと安心です。

関連記事

「フィットネス」新着記事

  • フットネス

    脳梗塞と水分の関係性

    2024.06.16 フットネス
  • フットネス

    感染症と持病は隣り合わせ?!病原体と生活習慣病について

    2024.06.16 フットネス
  • フットネス

    うるさくて眠れない耳鳴りの原因とは

    2024.06.16 フットネス
『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧