無理なダイエットは体のトラブルを引き起こす!ダイエットを行うことで起きるトラブルと対処法

タグ: , 2024/5/31

[文:フェムゾーンラボ(https://www.femzonelab.com/)]

※本記事は、医師による執筆記事です。

日本の若い女性が多く抱える「痩せ願望」。本来痩せる必要のない体型でありながら、過度なダイエットや不摂生を行ってしまう方が多いことが問題になっています。

今回の記事では、無理なダイエットをすることで起こしてしまうトラブルと、対処法について解説していきます。
痩せることのリスクを十分に理解したうえでダイエットを行っていきましょう。

【関連記事】筋トレで「10回3セット」は本当に最適?筋トレ博士が徹底解説します!





感情的にではなく、論理的に自分が標準体重であるかどうかを確認しよう

日本の若い女性は、世界的にも痩せている傾向にあります。成熟した女性は体脂肪がつき、丸みを帯びた体型になります。
これは妊娠・出産に必要なことで、男性も妊娠・出産が可能なぽっちゃりタイプの女性を好む傾向にあります。しかし現在では、妊娠・出産が可能になるということは若い女性にとって必ずしも望ましいことではありません。
今は妊娠したくない、もっと仕事や遊びをしたいと思っている女性も多く、潜在的な成熟拒否傾向が若い女性の間に蔓延しています。そうするとボディイメージが歪んできます。特に太っていないのに自分は太っていると錯覚している若い女性は多くいます。

ですから感情的にではなく、論理的に自分が標準体重であるかどうかを確認する必要があります。

BMI(ボディーマスインデックス)は、BMI=体重(kg)×身長(cm)×身長(cm)です。この値が18.5~25の範囲に入っていれば体重を落とす必要はなく、運動をしながら肉・魚・大豆と野菜を意識して摂取して、スタイルを良くする努力をしたほうが良いでしょう。

ダイエットのし過ぎによる弊害について

ダイエットのし過ぎによる弊害の第1は摂食障害という精神疾患になってしまうことがあります。
摂食障害は、重症な場合は閉経前後まで改善しない場合があるとても辛い疾患です。また低栄養で、免疫力が落ちてウイルスや細菌の感染症になりやくなります。
また感染症が治りにくく、治った後の後遺症も起こりやすくなります。さらに将来的には、骨粗しょう症が心配です。骨粗鬆症で閉経が過ぎてから骨折や骨痛に苦しむ女性はたくさんいます。30~40年後の自分にツケをまわさないようにしたいものです。

「フィットネス」新着記事

  • フットネス

    脳梗塞と水分の関係性

    2024.06.16 フットネス
  • フットネス

    感染症と持病は隣り合わせ?!病原体と生活習慣病について

    2024.06.16 フットネス
  • フットネス

    うるさくて眠れない耳鳴りの原因とは

    2024.06.16 フットネス
『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧