睡眠と脳の関係について

タグ: , , 2024/6/1

「東京・恵比寿で美容鍼灸,鍼灸治療をお探しならmeilongへ(https://www.meilong.jp/」

 今日は睡眠についてです。

朝スッキリと起きれないという方も多いかと思います。

では一体睡眠は私達の身体にどういった影響を表しているのでしょうか?

【関連記事】突然の痛みで叩き起こされる…「夜中のこむら返り」のシグナルとは





大脳は、毎日、絶え間ない精神活動や運動制御 を行なうため、たくさんのエネルギーを費やしながら活発に働いています。

そのため、 休息する時間を必要とします。
それが睡眠です。

とはいえ、睡眠で脳が完全に休むわけではありません。

大脳は休んでも、生命維持活動を司る脳幹、および大脳の一部は働きを続け、昼間とは違ったモードで活動をするのです。

睡眠中の活動モードは2種類あり、それはレム睡眠とノンレム睡眠です。

レム睡眠は体が眠っていながらも脳は活発に働く浅い眠りで、ノンレム睡眠は大脳の活動がほとんど停止する深い眠りです。

「レム (REM)」とは、睡眠中の脳は昼間の経験や学習の情報を、夢は高速眼球運動 (Rapid Eye Movement) ことで、レム睡眠のときは、まぶたの下で眼球が急速で動くのでこのように呼ばれています。

睡眠中は、長いノンレム睡眠の間に、短いレム睡眠が現れ、それは一晩に4~5回くり返えされます。

ノンレム睡眠の目的は、大脳を休息させる ことで、レム睡眠の目的は、ノンレム睡眠の状態から覚醒へと導くことだと考えられています。

「フィットネス」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧