「キャベツ」の驚くべき効果効能とおいしいレシピ

タグ: , , 2021/5/24

 キャベツはアブラナ科の野菜で、ブロッコリーやカリフラワーの仲間です。コラーゲンの生成に関わるビタミンCが豊富で、キャベツから発見されたビタミンU(キャベジン)を含んでいます。生でも加熱してもおいしく食べられるキャベツ。いろいろな調理法で楽しみましょう。

・今すぐ読みたい→
ダイエット効果を高める3つの食べ物とは? https://cocokara-next.com/fitness/3-foods-that-enhance-the-diet-effect/

キャベツの栄養成分と効果


ビタミンC
ビタミンCは、活性酸素を除去する抗酸化作用があり、免疫力を高めて風邪などを予防する働きがあります。また、タンパク質と一緒に働いてコラーゲンを生成し、美肌づくりに役立ちます。

ビタミンK
ビタミンKは、骨の形成に必要な栄養素で、ケガなどで出血したときに血を固めて止める作用があります。

ビタミンU(キャベジン)
ビタミンUは、ビタミンに似たはたらきをする「ビタミン様物質」。過度の胃酸を抑え、傷ついた粘膜を治す作用があると期待されています。

カリウム
カリウムは、神経や筋肉の信号や情報を伝達するミネラルです。また、体内のナトリウムとバランスをとりながら細胞の浸透圧や血圧を一定に保ち、安定した体内状態を維持するのに役立っています。





キャベツの種類

キャベツ
春に出回る春キャベツ、夏でも涼しい場所でとれる夏キャベツ、冬に収穫される冬キャベツに大別されます。

春キャベツ:柔らかく甘みがあるので、サラダなどの生食に向いています。
夏キャベツ:冬キャベツと同様にかためなので、火を通して食べるのがおすすめです。
冬キャベツ:かためで煮崩れしにくいので、炒め物やロールキャベツなどの加熱調理に。

紫キャベツ
「レッドキャベツ」とも呼ばれ、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富です。ピクルスやサラダとして食べるのがベスト。

芽キャベツ
葉の茎につく「わき芽」が丸くなったもの。濃厚な味で、加熱するとほくほくとした食感が楽しめます。丸のまま煮るか、炒め物などの加熱調理に向いています。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧