プロが伝授!作り置きOKレシピとNGレシピの比較まとめ

タグ: , , 2019/6/11

[記事提供:VOICE by シェアダイン編集部(https://sharedine.me/shokuiku-media/)]

 料理の作り置きは、忙しい平日夜のおかずとして非常に便利。でも、比較的日持ちする料理もあれば、早めに食べた方が良いものも。何となくの経験から日持ちの程度を判断している方が多いのでは。正しく判断するには、日持ちしない食材や調理法、その理由を知っておくことが近道です。そして調理や味付けのちょっとした工夫によって、翌日以降も美味しい料理を作りましょう。ここでは、日持ちOK・NGのレシピを理由と合わせて紹介します。

料理を長持ちさせるには、砂糖・塩・酢が大切


料理を長持ちさせるには、微生物が生育しにくい状態にしなければなりません。

具体的には、砂糖や塩を加えると、それらは食品中の水と結合し、微生物が生きるのに利用しにくい「結合水」になります。塩漬けや漬物のように、塩分の濃度がとても高い食品が数カ月日持ちするのも、このお陰です。

また、酢などを用いて「酸性」にすることで、微生物の繁殖を防ぐことができます。

酸性にすることができる調味料類は、酢やビネガー類以外にも、ワインや料理酒、ヨーグルト、マヨネーズ、リンゴジュース、レモン果汁などがあります。

・合わせて読みたい→
【初めての妊活】男性に知って欲しい!今すぐ見直したい食事の癖5つ(https://cocokara-next.com/lifestyle/trying-to-conceive-food-menu/)

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのTシャツを着て、6月14日N.Y.マディソンスクエアガーデンで開催されるタイトルマッチを応援しよう! 通気性と速乾性に優れたReebok性のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧