妊娠中に気になる『食べもの』 OK / NGリスト

タグ: , , 2019/6/23

 今日は前回の飲み物に引き続き、妊婦さんの食事の中でも食べ物編についてお話ししたいと思います。

妊娠中に気になる食材OK/NGリスト!!

ではここで、妊娠中でも大丈夫なもの・胎児や妊婦に悪影響を及ぼす成分が含まれている場合のもの・成分そのものは大丈夫ですが、食べ過ぎによって妊婦の体調に影響を及ぼす場合のもの・また妊娠中は食べたり飲んだりしない方がよいものをリストアップさせていただきたいと思います!

・合わせて読みたい→
妊娠中に気になる『飲みもの』 OK / NGリスト(https://cocokara-next.com/lifestyle/good-drink-during-pregnancy/)


プロセスチーズ
プロセスチーズは加熱処理されて作られているのでそのまま食べても問題ありません。ただ塩分が多いので、食べ過ぎると血圧が上がりやすくなりってしまい、むくみの原因にもなりやすいので量や回数に注意しましょうね。

カロリーオフ甘味料
カロリーオフの人工甘味料は、体重増加過剰や妊娠糖尿病など甘いものを控える食事療法で必要な人には使うことをおすすめしています。食事コントロールの必要がない人は、積極的に取る必要はないでしょう。また、多く摂りすぎると便がゆるくなる場合もあるので、摂る量には注意が必要ですね。

はちみつ
妊娠中にはちみつを食べてもまったく問題はありません。1歳未満の子どもはボツリヌス菌の感染の危険性があり、食べさせない方がよいとされていますが、妊婦さんが食べたはちみつのボツリヌス菌が胎児に行くことはありませんが、多く摂りすぎると体重増加につながってらしまいますので量に注意してくださいね。

料理酒
調理する際に十分に火を通してアルコールを飛ばしていれば問題ないでしょう。

ミナミマグロ(インドマグロ)、マカジキ、ユメカサゴ、キダイなど。

これらの魚には水銀が含まれており、胎児の発達に影響を与えてしまいますので、妊娠中は1回80gを週2回までと摂取量の基準が定められています。(*80gはおおよそ、切り身1切れ)

キンメダイ、クロマグロ(本マグロ)、メカジキ、メバチ(メバチマグロ)など。

うなぎ
ビタミンAが豊富なため、妊娠初期は摂り過ぎると赤ちゃんの形態異常を引き起こす可能性があります。市販のうなぎの蒲焼き(約100g)を毎日食べると摂り過ぎになってしまいますが、週1回程度なら問題ないと思います。

レバー
ビタミンAが非常に豊富なため、妊娠初期は摂り過ぎると赤ちゃんに影響が出る可能性があります。市販の鶏レバーの焼き鳥1本(約25g)だけでも1日の耐容上限量を超えてしまうのですが、1回食べたらすぐ危険ということではないので、週に1回1本までなら問題ないと思います。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧