午後10時~午前2時は睡眠のゴールデンタイム 睡眠をしっかりとる事の重要性

タグ: , 2020/1/29

[記事提供:温春健心|健心鍼灸治療院(https://kanamati-shinkyu-seitai.com)]

 今回は、睡眠を十分にとることについてお話したいと思います。

健康のために「睡眠を十分にとる」という場合、時間的に長く寝ていればいいということではありません。

心身共に足りるだけの質の高い睡眠を規定の時間内にとるという意味です。

規定の時間というのは、できるだけその日のうちに寝てくださいということです。

午後10時~午前2時は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれています。


特に、午後10時~12時の2時間の睡眠は、4時間分の睡眠に匹敵すると言われています。

つまり、午後10時~午前4時の6時間睡眠でも、実質8時間分の睡眠をとったことになるそうです。

逆に、午前2時を過ぎてから寝ているようでは、たとえ8時間寝ても、午前 4~5時以降は睡眠の質が低下しますので、実質は2、3時間しか寝たことになりません。

これではいくら寝ても眠くて仕方ないはずです。

自分は全然平気だと思っている方、内臓に負担をかけていることは自覚しておいてくださいね。

誰でも1日が24時間であることには変わりはありません。

・今すぐ読みたい→
朝までぐっすり眠りたい!質のよい睡眠をとる工夫5つ(https://cocokara-next.com/lifestyle/device-to-take-good-quality-sleep/)

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧