BBQシーズン到来!日焼け、シミ対策の体内ケアとは?

タグ: , , , , , , 2019/5/25

紫外線からお肌を守り美肌を作る為にも、体の内側からケアできる事

モデル/パーソナルトレーナー 坂井雪乃


 いよいよ暑い季節になって来ましたね!
 外へお出かけ、バーべキュー、イベント等、アクティブに外で活動することが多くなると思います。

 そこで、何よりも気を付けて頂きたいのが紫外線です。
 紫外線を浴びると日焼けをしてしまうだけでなく、シミやそばかす、お肌のたるみの原因になります。
 紫外線対策として、日焼け止めクリームを塗っている方が多いと思います。

 ですが、外側からしっかりケアしていても内側からのケアが出来ていなければ効果は半減してしまいます。
 より効果的に紫外線からお肌を守り美肌を作る為にも、体の内側からケアすることが大切です。

 紫外線対策に特に効果的な栄養素は、
・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンE
・不飽和脂肪酸「オメガ3」
・リコピン
です。

 では、それぞれの効果や特徴、栄養価が含まれている食材を紹介します。

■ビタミンA ~美肌の有効成分 but 過剰摂取に注意~
 ビタミンAは、美肌の有効成分レチノールとしても有名です。
 お肌を活性化させターンオーバーを正常化する働きや、皮脂コントロールでお肌の表面を整えてくれる働きがあります。
 お肌のハリやツヤを良くしてくれるので、乾燥肌や日焼けで荒れてしまったお肌のケアに効果的です。
 野菜に含まれるβ‐カロテンも、体内でビタミンAに変わり吸収されていきます。
 ビタミンAとβ‐カロテンを多く含む食品は、さつまいも、にんじん、ほうれん草などの緑黄色野菜や、ウナギ、ホタルイカ、鶏肉や豚肉のレバーです。
 過剰摂取は体の不調を引き起こす原因になりますので、注意しましょう。

■ビタミンC ~お肌のターンオーバー正常化や新陳代謝を促進~
ビタミンCは、メラニン生成を抑制するシミ予防の働きと、出来てしまったシミを還元し薄くする働きがあります。
更に、ニキビや日焼けによるお肌の炎症を抑える抗酸化作用もあります。
コラーゲン生成を助けお肌のターンオーバー正常化や新陳代謝を促進します。
ビタミンCを多く含む食品は、パプリカ、芽キャベツ、ブロッコリー、ゴーヤ、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類、いちご、キウイフルーツ、パイナップルなどです。
ビタミンCは水溶性ビタミンで水に溶けだしやすく、熱に弱いので調理する際には注意が必要です。

■ビタミンE ~若返りビタミン but 過剰摂取に注意~
 ビタミンEは、強い抗酸化作用があり「若返りビタミン」とも呼ばれ、お肌の老化を防ぐ働きがあります。
 毛細血管を広げ血流が改善するため、お肌にハリや潤いを与えるだけでなく、高血圧、動脈硬化など生活習慣病の予防にも効果的です。
 ビタミンEを多く含む食品は、アーモンド、落花生などのナッツ類、かぼちゃ、パプリカ、モロヘイヤ、アンコウの肝、ウナギなどです。
 ビタミンEは、脂溶性ビタミンで油との相性が良いので、炒め物などの調理法がおすすめです。
 過剰摂取は体の不調を引き起こす原因になりますので、注意しましょう。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのTシャツを着て、6月14日N.Y.マディソンスクエアガーデンで開催されるタイトルマッチを応援しよう! 通気性と速乾性に優れたReebok性のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧