【飲食店経営】無力感に陥っている場合じゃない。今は考えるだけではダメ。とにかく速くカタチにすることが重要

タグ: , , 2020/5/7

[記事提供:飲食店販促コンサルティングの飲食店繁盛会]

 さて、今日のお話。

とある飲食店の経営者からこんな相談を受けました。

お疲れ様です。いつもためになる配信をありがとうございます。

これから雇用調整助成金の限度額が引き上げられた場合、休業していた方がキャッシュフローが良かったパターンに入るかもしれなくて、開けてるだけ損みたいな雰囲気が役員の中で出ています。

お持ち帰りと宅配のオペレーションができつつある中、次は時短営業しながらお持ち帰りと宅配をやっていくオペレーションを構築しようとしているのですが、どう考えるのが正解なのか・・・どう思われますか?

・今すぐ読みたい→
事業を続けたいなら個人店でもお金は最大限借りる。お金は借りたら今を凌ぎながら未来の投資に使う! https://cocokara-next.com/motivation/spend-money-on-future-investments/


 わかります。

ちょうどこの時期、特に今まで頑張ってきた経営者やスタッフは、頑張っても頑張っても、売上は元の水準には程遠く、無力感に襲われて、それでも頑張ってきたのに、トドメの緊急事態宣言が延長。

「もう働くだけ無駄じゃないの?雇用調整助成金の上限が上がったら、働かなくてもお金もらえるし・・・」

という一気にモチベーションダウン・・・、そして、あきらめ。

そんなメンタルに陥っているかもしれません。

実際、このお店のように、雇用調整助成金の上限が上がったら、キャッシュフローも休んだほうがよくなる可能性がある。そんな場合、どうか考えるべきか?

笠岡の考えを共有します。





「モチベーション」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧