待ちわびたプロ野球、Jリーグの有観客試合・・・「with コロナ」での新たな観戦スタイルとは

タグ: , , 2020/6/22

 プロ野球、Jリーグはともに7月10日からの有観客開催を目指している。政府が示すイベント開催制限の段階的緩和の目安では、プロスポーツは7月19日から最大5000人まで、8月1日以降は収容人数の50%での開催が目途として示されている。

・今すぐ読みたい→
「withコロナ」で迎える異例のシーズン 超変則日程を味方につけるのはどのチーム?! https://cocokara-next.com/athlete_celeb/irregular-schedule/


 6月22日に行われた新型コロナウイルス対策連絡会議でも、プロ野球の斉藤惇コミッショナー、Jリーグの村井満チェアマンがそろって7月10日からファンを客席へ入れての有観客開催を目指していく方針を示した。

 ただし、前述の政府目安でも分かる通り、当面は客席の大幅な間引きなど、相当な制限を受けての開催になりそうだ。加えて対策連絡会議の専門家チームは、これまでも応援スタイルの変更を訴えてきた。飛沫の拡散を抑えるため大声を出さない、密集・密接を避けるため肩を組むなどの行為を行わない、など。新たな応援様式が、従来のファンのニーズを満たすものかどうかは、はなはだ疑問だろう。

 同会議専門家チームの提言で、リスクが高い応援として「×」印が付けられたものは以下の通り。

・ジェット風船応援
・肩組み、飛び跳ねなど集団での動きの伴う応援
・立ったり座ったりを繰り返す集団での動きの伴う応援
・指笛の応援
・トランペット・ホイッスル等の鳴り物応援
・メガホンを打ち鳴らしながらの声援
・ビッグフラッグ応援
・観客同士のハイタッチ
・両手をメガホン代わりにした大声での声援、応援
・フラッグ応援





 またスタジアム内での食品および飲料販売の抑制として、「スタジアム内の飲食の禁止を選択する案もある」と提言されている。これから夏場を迎え水分補給は欠かせないことから、3時間を超える観戦でさすがに飲み物は欠かせないだろう。とはいえ「たとえば観客席でのビールなど飲料販売を全面的にやめる、観客席でビールを売る販売員の数を削減する」といった文言には、「ビールこそ野球観戦の醍醐味」というオールドファンには頭の痛いものだろう。「マスクを着用できないため、喫煙所を使用禁止とする」という言葉も愛煙家にとっては同様に違いない。

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧