トレンディエースが語る、プロ野球選手として生き残るために必要な「気楽さ」

タグ: , , 2019/7/24

 日本ハムファイターズのエースとして、3年連続15勝、5年連続2桁勝利と大活躍。野球の実績だけでなく、ルックスの良さでも注目され、トレンディエースと呼ばれるなど、女性からの人気も高かった西崎幸広さん。

現在は、野球解説者としてさまざまなチームを見ている西崎さんに、2014年のドラフトで4球団から1位指名を受け、日ハムに入団した有原航平について、お話を伺いました。

真摯に野球に向き合う姿は素晴らしい。ただ、それだけでは生き残れない


―2019年は9勝をあげていますが、過去4年間はなかなか結果が出せませんでした。西崎さんから見て、有原はどのような選手ですか?

西崎:入団当初から、投球はずば抜けていましたね。150キロの真っすぐ、球種もあって、パワーもあるのに、なかなか勝てない。性格は人それぞれですが、有原の場合は、投球に対する理想が高い、完璧主義者。例えば、「このボールはココ」と、ピンポイントを狙っています。細かいコントロールだけでなく、スピードやフォームなど、すべてに完璧を求めてしまっているから、打ち取っても首をかしげてしまう。自分の投球に納得していないというのが伝わってきます。神経質というのもありますね。

・合わせて読みたい→
日ハム・宮西が通算300ホールド達成、そもそもホールドとは?MLBで最多ホールドは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/naokimiyanishi-300-hold-achievement/)

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧