これって眼精疲労?疲れ目の原因と対処法

タグ: , 2020/5/8

[記事提供:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 眼精疲労はデスクワークで長時間パソコンを使用している方や、スマホ、テレビ、読書などで目を酷使する方に多くみられる症状です。

・今すぐ読みたい→
がんにならないために!守るべき「がん予防12か条」 https://cocokara-next.com/stress/cancer-prevention-should-protect/

次のような症状が現れていませんか?

・目の奥が痛む
・目がかすむ
・まぶたがけいれんする
・目の乾きを感じる
・ものが見えにくくなった
・ひどい肩こりに悩まされている
・目が赤くなる

これらの症状が複数当てはまる方は、眼精疲労の可能性が高いです。

眼精疲労を抑えるための正しいパソコンの使い方とは?

~正しいパソコンの使い方イメージ~


〈距離〉
パソコンと適切な距離を保つことで、目の疲れを極力抑えることができます。

顔とモニターまでの距離が約50~70cmが理想的だと言われています。

また椅子の背もたれで背中を支え、足を床につけましょう。

〈時間〉
正しい姿勢やモニターとの距離を保っていても、長時間同じ姿勢でいると全身に負担がかかります。

そのため1時間ごとに約10分の休憩をとることが大切です。

休憩の際は、パソコンから離れてストレッチなどを行い、リラックスしましょう。

〈明るさ〉
明るすぎたり暗すぎたりするモニターは疲れ目の原因です。

丁度いい明るさに調節しましょう。

また、窓から入る光がモニターに映らないようにブラインドで遮光を。





「ストレス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧