臨床心理士が語る「心配・ストレス・不安」の違いと、それぞれの対処法

タグ: , 2020/4/28

 東京中央カウンセリングの代表臨床心理士・公認心理師の塚越友子さんは自身のブログ内で、「心配・ストレス・不安」のちがいについて、ニューヨークタイムズの記事を踏まえて述べているが、今回はそれぞれの対処法について紹介する。

心配の対処法


(1)心配する時間をきめる
 例えば20分と決めたら、20分間心配にひたったら意識的に違うことへ考えをそらす。

(2)心配に気づいたら、次のステップを考え出すか、行動を起こすこと
 心配には、問題解決や行動を起こす機能があるが、心配事に対しての解決方法を考えたり、行動にうつしてみる。

(3)心配を書き留めてみる
 研究によると、8~10分で鎮めることができるといわれている。

 ここでの注意点は、自分の心配が変化につながるように活用できるときは役立つが、強迫観念のようにふりはらえないようなら役立たないという。

 心配の対処法の3つはとても基本的かつ効果がある。

 塚越さんによると対処法を活用してもどうしても心配にとりつかれてしまう、つまり、強迫観念のようになってしまっている場合は、専門家の力を借りた方がいいという。





・今すぐ読みたい→
臨床心理士が語る「ニュースを見る時間を減らすべき」理由とは https://cocokara-next.com/stress/reduce-the-time-to-watch-the-news/

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧