夏を全力で楽しむために!夏ストレスの傾向と対策

タグ: , , , 2019/7/19

 海や山、花火など、楽しいことが目白押しの夏。できれば長期の休みをとって、思いっきり楽しみたいですよね?でも、ストレスでやる気を失ったり、体調を損ねたりしては、せっかくの夏も台無し。しかも、夏には夏のストレス要因があります!そこで、夏ストレスの傾向と対策についてまとめてみました。

楽しいはずのこともストレスに!夏のストレス要因の傾向


 照りつけるような暑さやじめじめとした湿気で不快になるように、夏の高い気温と湿度は、まずそれ自体がストレス要因になります。

というのも、人間の身体は、外部の環境が変わっても、体温などの体内の環境を一定に保とうとする働きがあります(この働きを、「恒常性(ホメオスタシス)」といいます)が、外の環境が過酷であればあるほど、自律神経系は、体内の環境を保とうと、多くのエネルギーを使ってしまうことになります。

つまり自律神経系に対し、夏の過酷な環境はダメージを与えてしまうのです。

加えて、夏は心が開放的になり、遊びなどの活動が活発になります。日が長く、夜も寒くならないので、夜遅くまで、あるいはオールナイトで活動することも増えてくるでしょう。

ついつい一日の予定を詰め込んでしまいます。

しかし、いくら楽しいことであっても、身体にとっては刺激であることに違いはありません。

激しく遊べば遊ぶほど、心と身体にはストレスが溜まってきます。

また、夏は多くの人と会う時期です。

お盆などで帰省すれば、実家の家族に会ったり親せきづきあいもあったりするでしょうし、レジャー先でも新しい友人知人ができることもあるでしょう。

このような、日頃より濃厚な人間関係も、ストレス要因になりがちです。

さらに、暑さや湿気による夏の夜の寝苦しさによる睡眠不足、強めの冷房による建物の中と外との気温差、夏バテによる食欲不振からくる栄養のバランスの崩れなど、夏には夏のストレス要因には事欠かないのです。

・合わせて読みたい→
韓国ドラッグ汚染「日本で麻薬抜いてくればいい」発言で広がる波紋(https://cocokara-next.com/stress/korea-drug-contamination/)

休みの後も引きずるかも・・・放置すると怖い、夏ストレス

 他の季節のストレスと異なり、夏のストレスは、どちらかというと楽しいことや活発なことが要因となりやすいことから、自覚症状が無いままに溜まってしまうことが少なくありません。

しかし、ストレスが溜まることによる悪影響は、夏だからといって容赦してはくれません。

ストレスによって自律神経のバランスが崩れ、特に交感神経の働きが強まると、胃腸が荒れたり、頭痛の原因になったりします。

また、ストレスの自覚が無いまま放置してしまうと、知らない間にキラーストレスに発展し、血管や心臓などの循環器系に悪影響を与え、高血圧、心筋梗塞など、死に至る病に陥るリスクが高まってしまうこともあるのです!

そこまでいかなくても、夏の間に適切なストレスコントロールを怠ってしまうと、例えば休み明けにうまく適応できなかったり、体調を崩しがちになったりします。楽しい夏だからこそ、ストレスを自覚してコントロールする必要があるのです。

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧